コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレチャコフ美術館 トレチャコフビジュツカン

2件 の用語解説(トレチャコフ美術館の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

トレチャコフ‐びじゅつかん〔‐ビジユツクワン〕【トレチャコフ美術館】

《〈ロシアGosudarstvennaya Tret'yakovskaya Galereyaモスクワにある国立美術館。19世紀の実業家パーベル=トレチャコフが収集品を自邸で公開したことに始まり、1918年に国有化。ロシア美術を多数所蔵する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トレチャコフ美術館
とれちゃこふびじゅつかん
Государственная Третьяковская Галерея Gosudarstvennaya Tret'yakovskaya Galereya ロシア語
State Tretyakov Art Gallery英語

モスクワにあり、ロシア最大のロシア美術を所蔵する美術館。モスクワの実業家パーベル・トレチャコフ(1832―98)が、当時のロシア人画家の作品を中心とするコレクションを1881年から私邸で公開したのに始まる。98年には建物とともに全コレクションを同市に寄贈。革命後、1918年に国有化され、ヨーロッパの作品が他に移管される一方、国内各地からロシア美術の名品が集められた。ヨーロッパの影響を受けながら地歩を築いた国民画派の作品が網羅されていることはいうまでもないが、ロシアのギリシア正教改宗以来近世まで、この国のほとんど唯一の絵画形式であったイコンの収集が特筆される。このなかには、12世紀の『ウラジーミルの聖母』、15世紀ロシア最大の画家ルブリョフの『聖三位(せいさんみ)一体』などの代表作が多数含まれている。[湊 典子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トレチャコフ美術館の関連キーワード白ロシアロシア遠征コロシアム小ロシアヨーロッパロシアロシアンブルー労農ロシアロシアの恋人ロシアン・ショートヘア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トレチャコフ美術館の関連情報