コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラジーミル Vladimir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラジーミル
Vladimir

ロシア西部,ウラジーミル州の州都。モスクワの東北東約 180km,クリャジマ川に臨む河港都市。1108年ウラジーミル2世(モノマフ)が建設した古都で,クリャジマ川沿いの交易で繁栄。1157年アンドレイ・ボゴリュプスキーウラジーミル=スズダリ公国の首都をここに移し,多くの建築物を建てた。その後数回にわたりタタール人の侵攻を受け,しだいに衰退した。ロシア革命後,工業都市として発展。繊維(綿,アマ),機械(モータ,自動車部品,トラクタ),化学(プラスチック)などの工業が発達している。教育大学,工科大学がある。モスクワとニジニーノブゴロド(旧ゴーリキー)を結ぶ鉄道,ハイウェーが通る。ウラジーミル=スズダリ公国時代に建てられたウスペンスキー大聖堂(1158~60),ドミトリー聖堂(1194~97)などが現存し,1992年スズダリの建造物群とともに世界遺産の文化遺産に登録。人口 34万5598(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウラジーミル

ロシアのキエフ大公(在位980年―1015年)。周辺の東スラブ諸族を討って領土を拡大。南方のブルガール人を征討,小アジアにも出兵。ビザンティン皇帝バシレイオスの妹アンナと結婚,989年ギリシア正教(東方正教会)を国教とした。

ウラジーミル

ロシア中央部に位置する同名州の州都。モスクワの東約180km,クリャズマ川に面する12世紀来の古都で,世界遺産に指定されているウスペンスキー寺院(12世紀末)などの建築物が残存するロシアの数少ない古都。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウラジーミル【Vladimir】

ロシア連邦,ヨーロッパ・ロシア中央部にある同名州の州都。人口35万6000(1992)。モスクワの北東190km,モスクワとニジニ・ノブゴロドを結ぶ中間点,クリャズマ川(オカ川の支流)河畔に位置する。市の歴史は,ウラジーミル・モノマフが1108年,この地に要塞を築いたのに始まる。57年アンドレイ・ボゴリュプスキーがここをウラジーミル・スーズダリ公国(〈ウラジーミル大公国〉の項参照)の首都とするに至って特に発展し,すでに衰退しつつあった当時のロシア(キエフ・ロシア)の首都キエフと対照的に,大きな政治的意味を獲得してゆく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ウラジーミル【Vladimir】

(一世)(955頃~1015) 中世ロシアのキエフ大公(在位980~1015)。東ローマ皇帝の妹アンナを妻とし、ギリシャ正教を国教とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウラジーミル
うらじーみる
Владимир Vladimir

ロシア連邦西部、ウラジーミル州の州都。モスクワの北東約190キロメートル、クリャジマ川左岸の港市で、ロシアの古都として知られている。人口33万9200(1999)。ロシア革命後、工業都市として発展し、主要工業はトラクター、自動車部品、モーター製造、化学(プラスチック)、軽工業、建築資材工業である。多くの建築記念物があり、多数の外国人観光客が訪れる。12世紀建造の「金の門」、ウスペンスキー寺院などがあり、多くの美術品が保存されている。さらにウラジーミルとその北方26キロメートルにあるスズダリには白壁の建造物群が多く残されており、1992年世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。工科大学、教育大学、人形劇場がある。鉄道の分岐点。[中村泰三]

歴史

市の起源は、1108年ウラジーミル・モノマフ公がこの地に要塞(ようさい)を築いたのに始まる。1157年、アンドレイ・ボゴリュープスキー公がここをウラジーミル・スズダリ公国の首都とするに至ってとくに発展し、当時のロシアの首都キエフにかわって新たな政治的中心となっていく。1299年には、ロシア教会の首長たるキエフ府主教もこの地に居を構えるに至った。だがウラジーミルの繁栄は長続きせず、このころから急速に台頭してきたモスクワの前に影響力を失う。1326年には府主教もモスクワに移った。以後、ウラジーミルはモスクワ(および後のロシア)国家の一地方都市にすぎなくなった。[栗生沢猛夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウラジーミルの言及

【ロシア・ソビエト美術】より


[ビザンティン様式のロシア化]
 こうしたロシア化は,建築を風土に適応させることによって,あるいは従来の木造建築からの影響,地域性,象徴的な意味づけなどによってもたらされた。ロシア化の初期の代表例として,白石材を用いロマネスク風の浮彫外壁装飾を施した,まことに端正な美しさをもつウラジーミル地方の教会堂群と,14世紀から約1世紀の間ノブゴロド地方に現れた変形の屋根をもった教会堂群などが挙げられる。ビザンティン帝国が滅亡した15世紀中葉以後は,ビザンティン的な様式からますます離れて民族性が強められた。…

※「ウラジーミル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウラジーミルの関連キーワードトルベツコーイ(Sergey Nikolaevich Trubetskoy)フョードロフ(Nikolay Fyodorovich Fyodorov)ブルガーコフ(Sergey Nikolaevich Bulgakov)ウラジーミルとスーズダリの白い建造物群ウラディーミル フェドセーエフウラディーミル スピヴァコフロジュジェストベンスキー聖堂ウラジーミル=スズダリ公国ウラディーミル ロージングスパソエフフィミエフ修道院ボードアン・ド・クルトネーウラディミール ナボコフロストフ・スーズダリ公国ウラジミル ソロウーヒンアレクセイ バターロフドミトリエフスキー聖堂聖ボリスとグレブ聖堂ベルリン国立バレエ団イワン1世(カリタ)ウラジミール ゲレロ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウラジーミルの関連情報