コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレニョフ トレニョフTrenëv, Konstantin Andreevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トレニョフ
Trenëv, Konstantin Andreevich

[生]1878.6.2. ハリコフ
[没]1945.5.19. モスクワ
ソ連の劇作家,小説家。ペテルブルグ考古学専門学校神学校を卒業。在学中から農民生活を主題とする短編を多数書いたが,本領は戯曲にあり,十月革命後,戯曲『プガチョーフ』 Pugachëvshchina (1924) と『リュボーフィ・ヤロワーヤ』 Lyubov' Yarovaya (26) を書いた。ほかに『妻』 Zhena (28) ,『ネバ河の岸辺にて』 Na beregu Nevy (37) などの戯曲が有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トレニョフ
とれにょふ
Константин Андреевич Тренёв Konstantin Andreevich Trenyov
(1878―1945)

ロシア・ソ連の小説家、劇作家。ウクライナの農奴出身の貧農の家に生まれる。ペテルブルグで考古学専門学校を、1903年には神学校をも卒業。ウクライナで新聞編集者、教師を勤める。1898年文筆活動に入り、農民の暗い生活に取材した短編を書いていたが、革命後は劇作に才能を発揮。革命と内乱の様相を、鋭く対立する人間の悲劇を通して描いた戯曲『リューボーフィ・ヤロワーヤ』(1926)が代表作で、ソ連演劇の古典の一つとなっている。[柳 富子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トレニョフの関連キーワード東京(都)エアトンメンデンホールローレンツ金子堅太郎キント島田一良ハリス霞石閃長岩郡長

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone