トロイデ

精選版 日本国語大辞典「トロイデ」の解説

トロイデ

〘名〙 (Tholoide) 粘性の大きな溶岩が地上に噴出して生じたドーム状の火山。山頂に火口が見えず、山腹の傾斜が大きく、すそ野が短いのが特徴。箱根の駒ケ岳などがその例。鐘状火山溶岩円頂丘
※旅‐昭和一八年(1943)終刊号・南方の冨士に似た山〈辻村太郎〉「所謂トロイデ型や鐘状火山の趣を示して居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

岩石学辞典「トロイデ」の解説

トロイデ

熔岩栓(lava plug)または熔岩円頂丘.鐘状火山と同じ[Schneider : 1911].ギリシャ語のtholosはドームのこと.スタウクッペ(staukuppe)[Rittman : 1936].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

デジタル大辞泉「トロイデ」の解説

トロイデ(〈ドイツ〉Tholoide)

ドイツの火山学者シュナイダーによる火山分類の一で、溶岩円頂丘のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「トロイデ」の解説

トロイデ【Tholoide[ドイツ]】

K.シュナイダーが提唱・命名した火山体分類の型の一つで,今では使用されず,溶岩円頂丘という。火山【鈴木 隆介】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

百科事典マイペディア「トロイデ」の解説

トロイデ

溶岩円頂丘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「トロイデ」の解説

トロイデ
とろいで

溶岩円頂丘

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトロイデの言及

【火山】より


[シュナイダーの火山分類]
 ドイツのK.シュナイダーは地球上のすべての火山を,その断面形,溶岩と火山砕屑岩の割合などに基づいて次の七つの基本形(単式火山)に分けて認識できると考えた(1911)。(1)ペディオニーテ(溶岩台地),(2)アスピーテ(楯状火山),(3)トロイデ(溶岩円頂丘),(4)ベロニーテ(火山岩尖),(5)コニーデ(成層火山),(6)ホマーテ(砕屑丘),(7)マール(マール)。括弧内は訳語ではなく,現在使用されている用語のうち,最も近いと考えられるものである。…

※「トロイデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android