コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻村太郎 つじむらたろう

5件 の用語解説(辻村太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辻村太郎
つじむらたろう

[生]1890.6.12. 神奈川
[没]1983.7.15. 東京
地理学者東京帝国大学地質学科卒業。山崎直方に師事。東京大学地理学教授。日本地理学会の会長をつとめ,日本における地形学の体系化に努力した。また人文地理学にも鋭い見解を示した。『地形学』 (1923) ,『日本地形誌』 (29) ,『新考地形学』 (33~34) ,『断層地形論考』 (42) ,『景観地理学講話』 (37) ,『文化地理学』 (42) ,『地理学序説』 (54) ,『日本の景観』 (58) などの著書のほか山岳関係の紀行文や随筆もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻村太郎 つじむら-たろう

1890-1983 大正-昭和時代の地理学者。
明治23年6月12日生まれ。妻は辻村乙未(おとみ)。昭和19年母校東京帝大の教授,のち日大教授。山岳地形の研究で知られ,登山家でもあった。日本地理学会会長,国立公園中央委員会委員などをつとめた。昭和58年7月15日死去。93歳。神奈川県出身。著作に「地形学」「景観地理学講話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

つじむらたろう【辻村太郎】

1890‐1983(明治23‐昭和58)
地理学者。日本における地形学と景観地理学の事実上の創始者。小田原の生れ。東京帝国大学地質学科を卒業後,同大学院に進み,山崎直方のもとで地形学を専攻。東京高等師範学校講師,東京帝国大学理学部講師,助教授を経て教授(1944‐56)。1943年に《日本における断層地塊の地形学的研究》で理学博士の学位を取得,断層地形研究の基礎を築いた。初期の著書《地形学》(1923)は,日本における地形学成立を証する古典であり,世界的水準の名著。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つじむらたろう【辻村太郎】

1890~1983) 地理学者。神奈川県生まれ。東大教授。日本の地形学を体系づけ、断層・準平原・氷河地形などを研究。文化地理学・景観地理学の開拓にも努めた。著「地形学」「景観地理学講話」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

辻村太郎
つじむらたろう
(1890―1983)

地理学者。神奈川県出身、東京帝国大学地質学科を出て、地理学、地形学を専攻し、山崎直方(やまさきなおまさ)の後を継ぎ、東京大学理学部地理学教授として人材を育成した。鋭い観察眼と総合的な識見によって、日本の地形および景観研究を開いた。山地、氷河、火山、断層地形などの論文があり、文化地理学、生物地理学、自然保護などにも関心が深かった。日本地理学会会長を務め、その名誉会員、日本山岳会名誉会員であった。
 多くの著述があり、『地形学』(1925)、『日本地形誌』(1929)は日本地形学の先駆であり、『新考地形学』(1933~1934)2巻、『断層地形論考』(1942)は充実した研究である。『文化地理学』(1941)、『景観地理学講話』(1937)、『景観論』(1955)をはじめ多数の論文、書評がある。また『山』(1942)、『海岸の地理』(1948)のほか、『日本の景観』(1958)、『晩秋記』(1940)、『黄葉集』(1958)などは優れたエッセイである。[木内信藏]
『『辻村太郎著作集』全7巻(1985、1986・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の辻村太郎の言及

【自然地理学】より

…最近の研究としては,トロル,J.ビューデルを中心とする氷河周辺地域の研究,気候地形学の問題があげられる。【辻村 太郎】 日本の地理学界では,小川琢治,山崎直方が共に地質学から転じて地理学とくに地形学の開拓者となったが,日本の地形研究の基礎を固め隆盛を導いたのは辻村太郎であった。独特の浸食論を展開した三野(石川)与吉,応用地形学を提唱した多田文男をはじめ,岡山俊雄,渡辺光,村田貞蔵その他地形学者の数は多く,第2次大戦後はとくに研究分野の多面化と研究手段の飛躍的発達が目だつ。…

※「辻村太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

辻村太郎の関連キーワード神奈川新聞神奈川県横浜市神奈川区大野町神奈川県横浜市神奈川区神奈川神奈川県横浜市神奈川区神奈川本町神奈川県横浜市神奈川区新町神奈川県横浜市神奈川区台町神奈川県横浜市神奈川区高島台神奈川県横浜市神奈川区宝町神奈川県横浜市神奈川区西神奈川神奈川県横浜市神奈川区東神奈川

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone