トロルヘッタン(読み)とろるへったん(英語表記)Trollhättan

日本大百科全書(ニッポニカ)「トロルヘッタン」の解説

トロルヘッタン
とろるへったん
Trollhättan

スウェーデン南部、イョータランド地方の工業都市。人口5万2823(2001)。ベーネルン湖と北海を結ぶイョータ運河沿いにある。大瀑布(ばくふ)を利用した水力発電によって自動車、航空機などの重工業が発達している。19世紀後半にヨーロッパ最高の階段上の堰(せき)が完成してイョータ運河の開通をみ、ついで23万キロワットの水力発電所建設により急速に発展した。その後、堰は自動開閉式となり、月間1200隻の小型船が運行され、瀑布とともに観光客をよんでいる。

[中島香子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「トロルヘッタン」の解説

トロルヘッタン
Trollhättan

スウェーデン南西部,エルブスボリ県にある産業都市。ベーネルン湖の南西端に近く,イェータ川にのぞむ。イェータ川の水力を利用した発電所があり,スウェーデン南西部地方の電力需要をまかなっている。産業は重工業が中心で,機関車,ディーゼルエンジン,水力タービン航空機自動車などが生産される。人口5万 1217 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android