コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロルヘッタン Trollhättan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロルヘッタン
Trollhättan

スウェーデン南西部,エルブスボリ県にある産業都市。ベーネルン湖の南西端に近く,イェータ川にのぞむ。イェータ川の水力を利用した発電所があり,スウェーデン南西部地方の電力需要をまかなっている。産業は重工業が中心で,機関車,ディーゼルエンジン,水力タービン,航空機,自動車などが生産される。人口5万 1217 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トロルヘッタン
とろるへったん
Trollhttan

スウェーデン南部、イョータランド地方の工業都市。人口5万2823(2001)。ベーネルン湖と北海を結ぶイョータ運河沿いにある。大瀑布(ばくふ)を利用した水力発電によって自動車、航空機などの重工業が発達している。19世紀後半にヨーロッパ最高の階段上の堰(せき)が完成してイョータ運河の開通をみ、ついで23万キロワットの水力発電所建設により急速に発展した。その後、堰は自動開閉式となり、月間1200隻の小型船が運行され、瀑布とともに観光客をよんでいる。[中島香子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トロルヘッタンの関連キーワードイェータ運河

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android