トロードス(英語表記)Troödos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キプロス島中央部から南部にかけて延びるトロードス山脈を中心とする一帯山麓ブドウ畑では,キプロスワインの原料となる良質のブドウを産する。ブドウ畑や峡谷に点在するギリシア正教の九つの聖堂 (11~16世紀) は,質素なつくりの外観に反し,内部の壁はビザンチン様式フレスコ画で飾られ,その芸術性はきわめて高く,1985年世界遺産の文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キプロス島,トロードス山(1951m)を中心とする山間地方。11−13世紀の西ヨーロッパによる聖地回復運動にともない,キプロスは十字軍本拠地として栄えた。その繁栄背景に建造された教会が9つ散在する。教会には十字軍をはじめ当時の歴史に題材をとった多様なフレスコ画が残っており,ビザンティン絵画の傑作といわれている。これら壁画教会群は1985年,世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android