コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロードス Troödos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロードス
Troödos

キプロス島中央部から南部にかけて延びるトロードス山脈を中心とする一帯。山麓のブドウ畑では,キプロスワインの原料となる良質のブドウを産する。ブドウ畑や峡谷に点在するギリシア正教九つの聖堂 (11~16世紀) は,質素なつくりの外観に反し,内部の壁はビザンチン様式フレスコ画で飾られ,その芸術性はきわめて高く,1985年世界遺産の文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トロードス

キプロス島,トロードス山(1951m)を中心とする山間地方。11−13世紀の西ヨーロッパによる聖地回復運動にともない,キプロスは十字軍の本拠地として栄えた。その繁栄を背景に建造された教会が9つ散在する。教会には十字軍をはじめ当時の歴史に題材をとった多様なフレスコ画が残っており,ビザンティン絵画の傑作といわれている。これら壁画教会群は1985年,世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

トロードスの関連キーワードトロードス地方の壁画教会群聖ニコラオス教会ペディエアス川ポディトゥ教会キッコー修道院アシヌ教会キプロス島ニコシアオモドスレフカラ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android