コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンマゼーオ Niccolò Tommaseo

世界大百科事典 第2版の解説

トンマゼーオ【Niccolò Tommaseo】

1802‐74
イタリアの作家。ダルマツィア出身。詩,小説,評論,翻訳,辞書編纂など多岐にわたる文筆活動を続けながら,リソルジメント時代の愛国者として波乱に富んだ一生を送った。パドバ大学を卒業後,マンゾーニの知遇を得,生涯変わらぬ敬愛の念を抱く。雑誌《アントロジーア》に載せた反オーストリア的記事が当局の忌諱に触れ,1834‐39年フランスに亡命する。帰国後ベネチアに居を定め,48年同地の共和国政府に参加するが,翌年共和国が崩壊,コルフ島で再度の亡命生活を送る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トンマゼーオ
とんまぜーお
Niccol Tommaseo
(1802―1874)

イタリアの文学者。ミラノでマンゾーニと知り合い、古典主義とロマン主義をめぐる論争に加わる。その後、雑誌に反オーストリアの記事を発表したため、弾圧を受けてパリへ逃れ、自由主義的カトリックの立場から『イタリアについて』(1834)を刊行。さらに、女性をめぐって道徳と官能の間で揺れ動く心を描き、デカダンス文学の先駆といわれた長編小説『信仰と美』(1840)を発表。この間にコルシカで民謡の採録にあたり、『トスカナ、コルシカ、イリリア、ギリシアの民謡』(1841~42)を編む。帰国後はほとんど失明に近い状態であったが、『イタリア語辞典』(1858~79)を編纂(へんさん)し、『詩集』(1872)を刊行した。[川名公平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トンマゼーオの関連キーワード10月9日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android