コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トーガ 〈ラテン〉toga

デジタル大辞泉の解説

トーガ(〈ラテン〉toga)

古代ローマ市民が着用した外衣半円形または楕円形の布をからだに巻くように袈裟(けさ)がけに着る。のち男子の専用となって階級により色・着装法が定められた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

トーガ【toga】

古代ローマ市民が着用したゆるやかな外衣。半円形または楕円形の布を体に巻きつけるようにして着る。トガ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トーガ
とーが
togaラテン語

古代ローマ市民が着用した外着。語源は「覆う」を意味するラテン語tegereである。起源については、〔1〕エトルスク人が着用していたテベンナtebennaというショールの一種からとする説、〔2〕ギリシア人の着ていたヒマティオンhimationを継承したものとする説があるが、今日では〔1〕が有力である。初期には男女、階級に関係なく広く用いられ、小さく単純な外着であったが、共和政時代には婦人の着用が禁じられて男子だけが着用した。そしてしだいに大きな衣服となり、着装法も複雑になって、ローマ帝国の権威を象徴するものとなった。紀元前2世紀がその極盛期といえる。一般にはウール地の半円形であるが、全盛期にはレモン形に裁たれ、その長軸を二つ折りにして袈裟(けさ)がけに着用した。長軸は6.5メートル、短軸は2.5メートルに達したといわれる。その複雑なひだの形式と色や装飾によって、着用者の階級が表示された。しかし3世紀ごろになると、すでに形式的なものとなり、4世紀にはほとんど着られなくなって、実用的なパリュームpalliumがこれにかわった。[菅生ふさ代]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トーガの関連キーワード熱帯海洋全球大気研究計画ナイロ=ハム語系諸族ディーゼルエンジンエリザベストンポコット族アバゴーラオウァチオナパバレータンザニアセベイ族ガ行鼻音沖縄文学トゥニカトーガニ幌馬車服装トガ

トーガの関連情報