コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トーガ トーガ 〈ラテン〉toga

3件 の用語解説(トーガの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

トーガ(〈ラテン〉toga)

古代ローマ市民が着用した外衣。半円形または楕円形の布をからだに巻くように袈裟(けさ)がけに着る。のち男子の専用となって階級により色・着装法が定められた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

トーガ【toga】

古代ローマ市民が着用したゆるやかな外衣。半円形または楕円形の布を体に巻きつけるようにして着る。トガ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トーガ
とーが
togaラテン語

古代ローマ市民が着用した外着。語源は「覆う」を意味するラテン語tegereである。起源については、〔1〕エトルスク人が着用していたテベンナtebennaというショールの一種からとする説、〔2〕ギリシア人の着ていたヒマティオンhimationを継承したものとする説があるが、今日では〔1〕が有力である。初期には男女、階級に関係なく広く用いられ、小さく単純な外着であったが、共和政時代には婦人の着用が禁じられて男子だけが着用した。そしてしだいに大きな衣服となり、着装法も複雑になって、ローマ帝国の権威を象徴するものとなった。紀元前2世紀がその極盛期といえる。一般にはウール地の半円形であるが、全盛期にはレモン形に裁たれ、その長軸を二つ折りにして袈裟(けさ)がけに着用した。長軸は6.5メートル、短軸は2.5メートルに達したといわれる。その複雑なひだの形式と色や装飾によって、着用者の階級が表示された。しかし3世紀ごろになると、すでに形式的なものとなり、4世紀にはほとんど着られなくなって、実用的なパリュームpalliumがこれにかわった。[菅生ふさ代]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トーガの関連キーワードストールトガトリブスローマ七丘コロッセオローマ風呂古代ローマ帝国ローマンブリテン古代ローマの航跡をたどれ古代ローマ人の格言

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トーガの関連情報