トーレ(読み)とーれ(英語表記)Joseph Paul Torre

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トーレ(Joseph Paul Torre)
とーれ
Joseph Paul Torre
(1940― )

アメリカのプロ野球選手(右投右打)、監督。大リーグ(メジャー・リーグ)のミルウォーキー・ブレーブス(1966年よりアトランタ・ブレーブス)、セントルイス・カージナルス、ニューヨーク・メッツでおもに捕手、一塁手、三塁手としてプレー。1977年からはメッツ、ブレーブス、カージナルス、ニューヨーク・ヤンキースで監督として采配(さいはい)を振るう。現役時代は好機に強い打撃で鳴らした強打者であり、またヤンキースにふたたび黄金時代をもたらした名将としても知られている。
 7月18日、ニューヨーク市ブルックリンで生まれる。セント・フランシス・プレップ高から1959年、ブレーブスに入団。翌60年からマイナー・リーグでプロ生活をスタートさせたが、当時は捕手であった。1年目から首位打者を獲得し、大リーグ昇格も果たした。1963年からレギュラーとして定着して、65年にはゴールドグラブ賞を受賞。1966年にチームはアトランタへフランチャイズを移転したが、68年までブレーブスの正捕手を務めた。1969年にカージナルスに移籍し、一塁手に転向した。1971年には三塁手専任となり、ホームラン24本ながら、打率3割6分3厘、打点137で二冠王となり、最優秀選手(MVP)に選ばれた。1975年にメッツへ移籍したが、77年からは監督兼任となり、同年限りで現役は引退した。1982年にはブレーブスの監督に就任、地区優勝したが、84年限りで退団。1990年途中からカージナルスの監督となったが、95年の途中で解任された。1996年からはヤンキースの監督に就任。1年目にワールド・シリーズを制覇し、最優秀監督賞にも選出された。その後、2回目の最優秀監督賞を受賞した1998年からワールド・シリーズ3連覇を達成した。2001年からも2回のリーグ優勝、5回の地区優勝を果たしてヤンキースの黄金時代を築き上げた。[山下 健]

2006年以降

2006年以降も監督としてヤンキースを率い、06年にはアメリカン・リーグ東地区優勝。2007年シーズン中には大リーグ史上10人目となる監督通算2000勝を達成したが、チームは地区2位に終わり、この年を最後に12年間務めたヤンキース監督を退任した。2008年、ロサンゼルス・ドジャースの監督に就任。
 選手としての18年間の通算成績は、出場試合2209、安打2342、打率2割9分7厘、本塁打252、打点1185。獲得したおもなタイトルは、首位打者1回、最多安打1回、打点王1回、MVP1回、ゴールドグラブ賞1回。監督としての2007年までの通算成績は、2067勝1770敗、リーグ優勝6回、ワールド・シリーズ優勝4回、最優秀監督賞2回。[編集部]
『ジョー・トーリ、ヘンリー・ドレイアー著、北代晋一訳『覇者の条件 組織を成功に導く12のグラウンド・ルール』(2003・実業之日本社) ▽ジョー・トーリ、広岡勲著『ジョーからの贈りもの――若きサムライの日々』(2005・アイビーシーパブリッシング)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トーレの関連情報