コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツ人民党 ドイツじんみんとう Deutsche Volkspartei

2件 の用語解説(ドイツ人民党の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイツ人民党
ドイツじんみんとう
Deutsche Volkspartei

ドイツの政党。 1918年の革命によって消滅した国民自由党の右派が進歩人民党の一部と合体して G.シュトレーゼマンの指導下に組織した。ドイツ自由主義を代表する政党で,特に知識人,経営者層に支持された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツ人民党
どいつじんみんとう
Deutsche Volksparteiドイツ語

ドイツの政党。同名の二つがある。(1)ドイツ第二帝政期の政党。南ドイツ、とくにウュルテンベルクを中心に「一八四八年の革命」の民主主義者の系列につながる勢力が1868年、結成した。普通選挙、団結権などを要求し、第二帝政におけるプロイセンの優位や軍国主義に反対の態度をとった。勢力的には小政党にとどまり、1910年進歩党の後身と合同した。(2)ワイマール共和国ブルジョア政党。1918年12月、シュトレーゼマンの指導の下に、帝政期の国民自由党を主体に創設された。ドイツ経済界の意向をもっとも強く反映させる党で、私経済の維持、ドイツ経済の強化を通してのドイツの大国化を目標とする。20年に政府に参加、22年から31年まで一貫して与党であったが、シュトレーゼマンの意向に反して、28年以後は共和制への批判的態度を強めた。30年からは党は急速に衰え、政治的影響力を失った。[木村靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のドイツ人民党の言及

【シュトレーゼマン】より

…第1次大戦前,ザクセン工業家連盟事務局長として中小企業を組織し,農業界・重工業界と対抗した。大戦中は,国民自由党の幹部として強硬な併合主義を唱え,戦後も帝政復帰,対外強硬論の立場からドイツ人民党を組織し,その党首となった。しかし,しだいにワイマール共和国の現実を肯定し,対外協調を通じてドイツの強国化をはかるようになった。…

※「ドイツ人民党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドイツ人民党の関連キーワード社会革命党大ドイツ主義ダールマンドイツ共産党西ドイツドイツ独立社会民主党一八四八年の革命NPD統一ドイツドイツの大連立政権

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone