コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツ論 ドイツろんDe l'Allemagne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイツ論
ドイツろん
De l'Allemagne

フランスの女流文学者スタール夫人の評論。 1810年の初版はナポレオンによって破棄され,13年ロンドンで刊行。夫人の2度のドイツ亡命の結果として生れ,ドイツ国民の習俗,文学と芸術,哲学と道徳,宗教と熱情の4部から成る。ロマン的な北方文学の移入を意図し,ロマン主義を土着の文学,古典主義を移植の文学と規定,「シュトゥルム・ウント・ドラング (疾風怒濤時代) 」のゲーテシラーなどに代表される理想主義的なドイツ精神の紹介によって,フランス・ロマン主義の形成に決定的な影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ドイツろん【ドイツ論】

《原題、〈フランス〉De l'Allemagneスタールの評論集。1810年、フランスで印刷されるもナポレオンにより発禁処分を受け、1813年に亡命先のロンドンで刊行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ドイツろん【ドイツ論 De l’Allemagne】

フランスの女流文学者スタール夫人の評論。1810年に完成・印刷されたが,ナポレオンの政府から発売禁止の処分を受け,13年亡命地のロンドンで出版。ドイツ旅行の見聞所産で,4部から成り,ドイツ人の習俗,文学,芸術,哲学,道徳,宗教が論じられる。作者はドイツ文化を理想主義的で熱情的なものと見て,社交的で理性的なフランス文化よりも高く評価し,ゲーテ,シラー,カント等の文学者,哲学者を紹介している。その一方《文学論》(1800)ですでに行った南方文学,北方文学の対比を発展させ,北方の〈ロマン的な〉文学であるドイツ文学は,民族精神それ自体から生まれたものであるという点で,ギリシア・ローマの文学を移植・模倣した南方の〈古典主義的な〉フランス文学には見られない多くの長所を持っているという意見を述べている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のドイツ論の言及

【ロマン主義】より

…フィヒテやヘーゲルの観念論哲学と密接な関係をもったドイツ・ロマン主義文学は,自我の内的活動の探究,夢と現実あるいは生と死の境界領域の探索,イリュージョンの形成と自己破壊(アイロニー)などを主題とするきわめて観念論的かつ神秘主義的な色彩を帯び,ノバーリス,J.P.リヒター,ホフマンらの幻想的な作品を生み出した。 フランスにおけるロマン主義は,ルソー以来の前期ロマン主義の精神風土の上に,スタール夫人のドイツ文学理論の紹介《ドイツ論》や,ゲーテやバイロンの作品の翻訳の刺激を受けて,両国に比べやや遅れて始まったが,よりいっそう激しい華やかな展開を見せた。伝統的な古典主義を信奉する人々とロマン主義者たちとの間の文学論争や党派抗争の様相を呈し,1820年から30年にかけてユゴーとサント・ブーブを中心にロマン派が形成され,ロマン主義運動が展開された。…

※「ドイツ論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドイツ論の関連キーワード守屋 謙二

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドイツ論の関連情報