コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥカーレ宮殿 ドゥカーレキュウデン

1件 の用語解説(ドゥカーレ宮殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドゥカーレ‐きゅうでん【ドゥカーレ宮殿】

Palazzo Ducale
イタリア北東部、ベネト州の都市ベネチアにある宮殿。8世紀の創建。14世紀から16世紀にかけて改築され、ゴシック様式の回廊に囲まれた現在の姿になった。ベネチア共和国時代に総督の居館と行政庁、および裁判所が置かれた。大会議の間はティントレットベロネーゼをはじめベネチア派の絵画が飾られている。パラッツォドゥカーレ
イタリア中部、マルケ州の都市ウルビーノにあるルネサンス様式の宮殿。12世紀よりウルビーノを治めていたモンテフェルトロ家の宮殿として、15世紀半ばにウルビーノ公フェデリコ=ダ=モンテフェルトロにより建造された。多くの芸術家、人文主義者、貴族たちが訪れ、ルネサンス期の宮廷文化の舞台になったことで知られる。現在はラファエロピエロ=デラ=フランチェスカティツィアーノらのルネサンス絵画を所蔵する国立マルケ美術館になっている。
イタリア北部、ロンバルディア州の都市マントバにある宮殿。16世紀にマントバゴンザーガ家により建造。宮殿、サンジョルジョ城、サンタバルバラ教会など、複数の建物で構成され、合わせて500近くの部屋がある。城内の結婚の間にはマンテーニャ作のフレスコ画があることで知られる。
イタリア北東部、エミリアロマーニャ州の都市モデナにあるバロック様式の宮殿。13世紀から14世紀にかけて建てられたエステ家の城に起源する。17世紀、モデナフランチェスコ1世により古い城を囲むように宮殿の建設が始まり、2世紀にわたって工事が続けられた。現在は陸軍士官学校として使われている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドゥカーレ宮殿の関連キーワードな・いPalazzo RucellaiPalazzo Pitti

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone