コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドクツルタケ

2件 の用語解説(ドクツルタケの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ドクツルタケ

テングタケ科の毒キノコ。夏〜秋,北半球の温帯以北の広葉樹林針葉樹林に発生。全体白色で,かさは径6〜15cm,初め卵形でのち中高の平らに開き,平滑。柄は繊維質,上部に鐔(つば),下端に壺をそなえる。
→関連項目キノコテングタケ毒キノコ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドクツルタケ
どくつるたけ / 毒鶴茸
[学]Amanita virosa Secr.

担子菌類、マツタケ目テングタケ科の毒キノコ。日本では、もっとも猛毒のキノコとされる。高さ10~18センチメートル、傘は丸山形から平らに開き、径5~15センチメートルで表面は滑らかである。茎はささくれを帯び、上部に膜質のつばがある。根元は厚い膜質の深い袋状のつぼで包まれる。全体に純白色。幼菌は白い卵形。夏から秋にかけて、至る所の広葉樹林内の地上に点々と数多く生える。シロタマゴテングタケA. verna (Fr.) Vitt.や毒茸(どくたけ)の王といわれるタマゴテングタケA. phalloides (Fr.) Secr.と近縁種であり、前者は茎の表面にささくれがないことでドクツルタケと異なるが、実用的には区別しなくてよい。
 毒成分は3種とも同じで、死亡率は70%以上。タマゴテングタケは日本に少なく、キノコ中毒による死者の過半数は全国に分布するドクツルタケとシロタマゴテングタケの2種による。こうしたことから、全体が白く、茎の根元につぼがあるキノコは絶対に食べないという配慮が必要である。ただし、つぼは土や落ち葉で隠れていることが多いので見落とさないようにする。英名はシロタマゴテングタケと同様にdestroying angelとよばれる。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のドクツルタケの言及

【キノコ(菌∥蕈∥茸)】より

…また後者には胃腸障害,神経系統をおかすものなどがあり,中毒症状もさまざまである。以上のことから見て,第1に致命的な猛毒菌としてドクツルタケ(シロタマゴテングタケを含めて),致命的ではないが中毒件数がとくに多いツキヨタケ,イッポンシメジ(クサウラベニタケを含めて),カキシメジ(マツシメジを含めて)などの見分け方を衆知すれば,日本のキノコ中毒者の数は現在の1/3~1/4に減るであろう。 ドクツルタケは日本における代表的猛毒菌で,茎の根もとに袋状のつぼがあり,上の方に膜質のつばがある。…

【タマゴテングタケ(卵天狗茸)】より

…世界でもっとも恐ろしい猛毒菌であるが,日本ではきわめてまれにしか生えない。日本でもっとも恐ろしいのは,近縁のドクツルタケA.virosa Secr.(英名destroying angel)で,毒性の強さは両者とも同じくらいである。この2種は色はちがうが形は似る。…

※「ドクツルタケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドクツルタケの関連キーワード北半球卵天狗茸天狗茸毒茸苦栗茸紅天狗茸クリタケタマゴタケホウキタケマイタケ

ドクツルタケの関連情報