コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドチザメ ドチザメ Triakis scyllium

3件 の用語解説(ドチザメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドチザメ
ドチザメ
Triakis scyllium

メジロザメ目ドチザメ科の海水魚。全長 1.5mに達する。体はやや細長く,頭部は縦扁し,尾部は側扁する。口は下位で,口角の唇褶は発達している。眼はやや細く,瞬膜がある。体は灰色で,ぶち状斑や暗色の横縞がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ドチザメ【Triakis scyllia】

メジロザメ目ドチザメ科の海産魚。和名は動作が鈍いことに由来するのであろう。同属のサメに対し英名はleopard sharkという。この英名は体の模様がヒョウに似ているところから生じた名称であるが,日本のドチザメには灰黒色の地肌に約10条の暗色横帯と黒点が散在し,ヒョウの模様には似ていない。本州中部以南中国に分布する。眼に光の入量を調節したりする機能があるといわれる瞬皺(しゆんしゆう)があることおよび使われている歯が前後に2列以上配列していることが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドチザメ
どちざめ / 奴智鮫
leopard shark
[学]Triakis scyllia

軟骨魚綱サメ目ドチザメ科に属する海水魚。北海道南部以南の日本各地、朝鮮半島、台湾、中国の沿岸に分布する。第1背びれは腹びれより前にあること、目は細長く一種のまぶた(瞬膜)があること、体に幅の広い暗色の垂直の縞(しま)紋様があること、などが特徴。きわめて沿岸性で海藻の間などにすみ、夜間エビなどの小動物を捕食する。卵胎生で、6、7月に交尾し、春に30センチメートルくらいの子を20尾前後産む。全長1.5メートルになるが、性質は穏やかで、しかも飼育しやすいので水族館でもっとも多く飼われている種である。肉はあまり利用されていない。[仲谷一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドチザメの関連キーワードカスザメホオジロザメホホジロザメ奴智鮫目白鮫ホシザメイタチザメホシザメ(星鮫)メジロザメ(目白鮫)ヨシキリザメ(葭切鮫)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドチザメの関連情報