ドライブスルー(英語表記)drive-through

翻訳|drive-through

大辞林 第三版の解説

ドライブスルー【drive-through】

自動車に乗ったまま買い物などができる方式。また、その店。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドライブスルー
どらいぶするー
drive-through

利用者が車に乗ったまま、物の購入やサービスの提供を受けられる店舗形態。利用者は自動車や二輪車から降りることなく、短時間で、窓越しなどで商品やサービスを受け取り、決済できる利点がある。店にとっては、顧客の利用スペースを限定できるほか、短時間に消費・決済されるため、顧客の回転率を向上できる利点がある。1930年代のアメリカで、車で乗りつけて商品などを購入するドライブイン方式を進化・効率化した店舗形態として考案された。日本では1965年(昭和40)に、東京・日本橋の海苔(のり)店が採用したのが初めてとされる。1970年代にハンバーガーやフライドチキンなどのファーストフード店が相次いで採用し、モータリゼーションの進展や都心・繁華街の地価高騰に伴って、幹線道路沿いや郊外へと普及した。ドライブスルー方式を採用した業種やサービス業には、ファーストフード店のほか、飲食店、レストラン、書店、眼鏡店、クリーニング店、調剤薬局、旅行代理店、質店、現金の預入れや引出しなどの銀行サービス、公衆電話、年賀状の受付などがあった。
 しかし21世紀に入ると、インターネットや携帯電話などの普及に伴い、物やサービスをネット上で購入し、宅配業者などが自宅などへ配達する消費形態が広がった。このためドライブスルー方式の書店や公衆電話などは徐々に姿を消している。最近は、利用者が事前にネットを使って商品・サービス内容や受取時間を指定し、指定時間にドライブスルーで商品・サービスを受け取り、ネット決済するといったネットとドライブスルーを組み合わせた消費形態が生まれている。[矢野 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ドライブ‐スルー

〘名〙 (drive through) 自動車に乗ったままサービスを受けることのできる、銀行、レストランなどの施設。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドライブスルーの関連情報