コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラケンスベルク山脈 ドラケンスベルクさんみゃく Drakensberg

3件 の用語解説(ドラケンスベルク山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドラケンスベルク山脈
ドラケンスベルクさんみゃく
Drakensberg

南アフリカ共和国東部およびレソトにある山脈。別称カトラムバ Quathlambaリンポポ州東部からムプマランガ州クワズールー・ナタール州北西部,自由州東部,レソトを経て東ケープ州まで,北東から南西に約 1125kmにわたって連なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドラケンスベルク‐さんみゃく【ドラケンスベルク山脈】

Drakensberg Mountains》⇒ドラケンスバーグ山脈

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドラケンスベルク山脈
どらけんすべるくさんみゃく
Drakensberg Mountains

アフリカ南端部、南アフリカ共和国南東部の、インド洋岸地域の背後に連なる急な崖線(がいせん)の頂部一帯をさす。延長約500キロメートル、標高は3000メートルを上回り、最高点は3482メートルに達する。内陸高原(大西洋水系)側には緩やかに傾く。一部はレソト領となっている。成因的には、古生代後期~中生代初期の堆積(たいせき)岩類(カルー系)を中生代の玄武岩質溶岩が覆う、一種の溶岩台地であるが、地層全体が西ないし北西に緩く傾き、頂部を侵食に強い溶岩で保護されている点に注目すれば、ケスタとみることもできる。海岸側の急崖部に谷が刻まれた所には、デビルズ・トゥース(悪魔の歯)その他の景勝地が多い。[田村俊和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドラケンスベルク山脈の関連キーワードブリンクスタンガートランスケイナミビアレソト南アフリカ南アフリカ連邦南部アフリカブリヘイドカニエ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone