ドラッグストア(英語表記)drugstore

翻訳|drugstore

百科事典マイペディアの解説

ドラッグストア

本来は薬品を主とする小売商。今日では,雑誌,文房具装身具,化粧品,軽飲食物なども扱う。米国で薬局が他の商店より夜おそくまで営業し,夜間の買物の便のため各種日用品を置いたのに始まるという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドラッグストア【drugstore】

アメリカ英語でもとは〈薬屋〉の意味だが,薬や化粧品だけでなく,タバコ,菓子,日用雑貨から,文房具,新聞・雑誌,ペーパーバックの本まで売る店で,しばしば〈ソーダ・ファウンテン〉と呼ばれるスナック・バー式の飲食設備をもっている。庶民の手軽な小デパートであると同時に,日本の喫茶店同様,一種の社交の場にもなっている。詩人のカール・シャピロは,《ドラッグストア》(1942)という詩でこううたっている。〈若者が来て小銭をじゃらつかせ,気のきいたげなことを言い,野球のスコアブックやエロ雑誌を買い,ジャズを聴き,コカ・コーラを飲み,貸本の新刊恋愛小説をぺらぺらめくる〉。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ドラッグストア【drugstore】

大衆薬のほか、化粧品・日用雑貨などを売る店。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドラッグストア
drugstore

もともとは医薬品の小売店をさすが,アメリカでは医薬品ばかりではなく,日用雑貨をはじめ新聞,雑誌から軽飲食までを取扱う雑貨店をいう。営業時間も長く,消費者に密着した販売店として,市民生活のなかに定着している。アメリカでは古くから普及しているが,日本では医薬品の販売に特化した小売店が一般的であり,ドラッグストア業態の展開は進んでいない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドラッグストア
どらっぐすとあ
drugstore

アメリカで発達した医薬品、雑貨、日用品の小売店。もとは医薬品店であったが、しだいにその他の日用雑貨をあわせ販売するように発展し、現代的な万屋(よろずや)の性格をもっている。多くは、たばこ、喫煙具、新聞・雑誌類を扱い、軽飲食カウンターをもつ。繁華街、ターミナル、近郊の交通の要所に位置し、営業時間の長いのが特色である。わが国には、この種のドラッグストアはほとんど存在しない。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ドラッグ‐ストア

〘名〙 (drugstore) アメリカ式商店の一種。薬や雑誌類・日用雑貨などを売り、多くは軽飲食店をも兼ねる。〔モダン辞典(1930)〕
※熱球三十年(1934)〈飛田穂洲〉春日野「例のドラグストアにアイスクリームと出掛けたのだらう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のドラッグストアの言及

【薬屋】より

… 中世ヨーロッパでは施療は僧院(修道院)の中で行われ,僧院には必ず付属の薬草園と調剤室があり,調剤僧が医師を兼ねることが多かった。8世紀になると,ドラッグdrug(乾燥した草木)という英語も使われ,のちの薬剤師druggistや薬局drug storeを指す用語が派生した。アラブ・イスラム世界では進んだ医薬文化を達成したが,8世紀には国営の製薬所および薬店がバグダードに出現した。…

※「ドラッグストア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドラッグストアの関連情報