コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラム缶 ドラムかん drum

翻訳|drum

3件 の用語解説(ドラム缶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドラム缶
ドラムかん
drum

金属や繊維板でつくられた円筒形の容器。容量 100米ガロン (379l) までの鋼鉄製ドラム缶は,1903年頃製造が始まった。容量 12ガロン (45l) 以下の小さなものはペール缶と呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドラム‐かん〔‐クワン〕【ドラム缶】

鉄板で作った円筒形の大きい缶。液体燃料などを入れる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドラム缶
どらむかん

石油、ガソリンアルコールなどの貯蔵、輸送に用いられる円筒状の鋼製容器。ドラムは本来もっとも古い打楽器の一つであるが、転じて円筒状の容器をドラムとよぶようになった。ドラム缶には20リットル入りから400リットル入りまで種々の容量のものがある。
 1930年代当時から急成長した自動車産業を背景に石油の消費量が急激に増加し始め、他方ストリップ・ミルの発達による安価な薄鋼板の多量生産と板材成形法の開発に基づいて、従来の木樽(きだる)にかわって薄鋼板を素材とするドラム缶が使用され始め、石油の貯蔵と輸送とに画期的な発展をもたらした。第二次世界大戦前は戦略上の理由から、戦後は石油化学工業の発達によってドラム缶の需要は急速に増大したが、近年、パイプライン、大型タンカーなど石油の輸送手段の新発展によって、石油の貯蔵、輸送におけるドラム缶の地位は低下している。
 普通広く使用されている200リットル入りのドラム缶は厚さ1.6ミリメートルの軟鋼板を素材にしている。その製法は、薄鋼板をロールで円筒状に曲げ、円筒の剛性を高めるために、胴体の周囲に波付け機(エクスパンダー)で2本以上の膨らみをつけ、鋼板の端部を突き合わせ溶接、もしくは手動シーマー(縫取り機)で折り曲げ、重ね合わせて継ぎ合わせる。蓋(ふた)と底になる円板を円筒端部にプランジャーで巻き締めする。石油工業用には圧倒的に鋼板が使われているが、アルコールや食品工業にはステンレス鋼やアルミニウム合金が、また一部化学工業には亜鉛鉄板が素材として使われている。[志村宗昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドラム缶の関連キーワード繊維板柄杓シャーレ茶筒銚釐マガジンスティック糊クラッチハウジング框飯ファイバーボード(繊維板)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドラム缶の関連情報