ドリン剤(読み)ドリンざい

大辞林 第三版の解説

ドリンざい【ドリン剤】

有機塩素系殺虫剤のうち、アルドリン・エンドリン・ディルドリンなどの総称。毒性の残留性が高く、多くが農薬の登録から抹消されている。ドリン系農薬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドリンざい【ドリン剤】

有機塩素系殺虫剤で,アメリカのハイマンJ.Hymanによって1948年ころから開発された。環状ジエン体に塩素が置換した一連の殺虫剤の総称アルドリンクロルデンディルドリン,エンドリン,ヘプタクロル,ベンゾエピン(α‐およびβ‐エンドスルファン)などがこの系列に含まれる。これらはディールス=アルダー反応(ジエン合成)によって製造され,いずれも土壌害虫に卓効があることから,日本でもこれらドリン剤が多用された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ドリン‐ざい【ドリン剤】

〘名〙 (ドリンはdrin) 有機塩素系殺虫薬の一種、環状ジエンの殺虫剤の総称。ディルドリン、アルドリン、エンドリンなど。防疫、農薬などに広く用いられたが、蓄積毒性が問題となり、世界各地で使用が禁止されつつある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android