ドロバチ(読み)どろばち

日本大百科全書(ニッポニカ)「ドロバチ」の解説

ドロバチ
どろばち / 泥蜂

昆虫綱膜翅(まくし)目ドロバチ科のオディネルス属Odynerusやリンキウム属Rhynchiumその他数属のカリバチ総称をつくるのに多かれ少なかれの練り土を用いるのでドロバチの名がある。スズバチトックリバチも広義のドロバチである。多くの種類が竹筒を泥で仕切り幼虫室(独房)を直列させる。ハムシドロバチ属Symmorphusはハムシやゾウムシの幼虫を狩るが、ほかはすべてアオムシを狩る。オオフタオビドロバチAnterhynchium flavomarginatum micadoや小さなチビドロバチStenodynerus frauenfeldiは日本にもっとも普通にみられる。

[平嶋義宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ドロバチ」の解説

ドロバチ
mason wasp

膜翅目ドロバチ科の昆虫のうち,土で壺形の巣をつくるトックリバチ類以外の種をいう。ドロバチ科 Eumenidaeスズメバチ科 Vespidaeの亜科として扱われることもあるが,すべて孤独性の狩人蜂で,鱗翅類の幼虫を捕えて育房にたくわえ,幼虫のとする。巣は既存のを利用するものが多いが,外国には地中坑道を掘るものもある。日本に産するものは竹筒を利用するものが多く,唾液で土を溶かしてその泥で壁をつくって仕切り,幼虫の育房にする。小型種には草屋根のわら筒や材中に穿孔された甲虫孔を利用するものが多い。トックリバチ類と同様に卵は細い糸で育房の天井からつるす。日本に 15種ほどが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「ドロバチ」の解説

ドロバチ

膜翅(まくし)目ドロバチ科の中の1群の総称。カリウドバチの1種でトックリバチ類に近似するが腹部第2節の幅が広い。植物の枯れた枯竹木材の穴などに泥をつめて巣を作り,チョウの幼虫を狩ってたくわえ幼虫の餌とする。ハバチ類や甲虫類の幼虫を狩る種類もある。日本に40余種,オオフタオビドロバチ(体長16mm),ミカドドロバチ(体長7〜14mm)など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android