コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・ラ・ロシュ De La Roche, Mazo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ド・ラ・ロシュ
De La Roche, Mazo

[生]1885.1.15. オンタリオ,ニューマーケット
[没]1961.7.12. トロント
カナダの女流作家。オンタリオ州を舞台にジャルナという架空の大邸宅を中心として,その女主人アデリーン・ホワイトオークと3代にわたるホワイトオーク家の人々の生活を描いたジャルナ・シリーズ (『ジャルナ』 Jalna〈1927〉に始り『ジャルナの朝』 Morning at Jalna〈60〉まで計 15編から成る) により大衆的人気を獲得。ほかに子供や動物に取材した多くの作品,戯曲 (1幕物) ,自伝などを残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ド・ラ・ロシュ
どらろしゅ
Mazo de la Roche
(1885―1961)

カナダの女流小説家。トロント生まれ。30歳ごろから作品を発表し始めたが、彼女の名を一躍有名にしたのは、オンタリオ州の架空の地ジャルナに住むホワイトオーク一家の物語を描いた『ジャルナ』(1927)だった。以後その続編を次々と発表し、最終巻『ジャルナの朝』(1960)に至る16編の大河小説を完結させた。そのほか児童文学の作品や自伝『転調しながら鐘を鳴らす』(1967)などがある。作品は十数か国語に訳され、カナダ作家のなかでもっとも広い読者層をもつ。[平野敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ド・ラ・ロシュの関連キーワードド・ラ・ロッシュサンド

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android