コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・ラ・ロシュ ド・ラ・ロシュ De La Roche, Mazo

2件 の用語解説(ド・ラ・ロシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ド・ラ・ロシュ
ド・ラ・ロシュ
De La Roche, Mazo

[生]1885.1.15. オンタリオ,ニューマーケット
[没]1961.7.12. トロント
カナダ女流作家オンタリオ州を舞台にジャルナという架空の大邸宅を中心として,その女主人アデリーン・ホワイトオークと3代にわたるホワイトオーク家の人々の生活を描いたジャルナ・シリーズ (『ジャルナ』 Jalna〈1927〉に始り『ジャルナの朝』 Morning at Jalna〈60〉まで計 15編から成る) により大衆的人気を獲得。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ド・ラ・ロシュ
どらろしゅ
Mazo de la Roche
(1885―1961)

カナダの女流小説家。トロント生まれ。30歳ごろから作品を発表し始めたが、彼女の名を一躍有名にしたのは、オンタリオ州の架空の地ジャルナに住むホワイトオーク一家の物語を描いた『ジャルナ』(1927)だった。以後その続編を次々と発表し、最終巻『ジャルナの朝』(1960)に至る16編の大河小説を完結させた。そのほか児童文学の作品や自伝『転調しながら鐘を鳴らす』(1967)などがある。作品は十数か国語に訳され、カナダ作家のなかでもっとも広い読者層をもつ。[平野敬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ド・ラ・ロシュの関連キーワードオンタリオオンタリオ湖スタリオンナイアガラオンザレイクダービースタリオン アドバンスダービースタリオンDSダービースタリオンPダービースタリオン64チャリオンの影ベスト競馬・ダービースタリオン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone