コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドージェ doge

翻訳|doge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドージェ
doge

ベネチア共和国の首長。ラテン語 dux (指導者) に由来する。8~18世紀までドージェの職は存在したが,8~12世紀頃最も強い権限を有していた。しかしその職は世襲制のものではなく,また独裁的なものではなかった。 12世紀以降ダンドーロ家など有力貴族の支配するところとなり,いったん選出されたら終身職となった。ビザンチン帝国を侵略したエンリコ・ダンドーロ (在職 1192~1205) ,イタリア本土の征服に最初に乗出したフランチェスコ・フォスカーリ (在職 1423~57) らがドージェ職についた著名な人物としてあげられる。 1797年のナポレオン1世のベネチア征服とともにこの職は廃止された。ベネチアのドージェを模してジェノバ共和国でも 1339年に設置されたが,やはりナポレオン支配のときに廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドージェ
どーじぇ
dogeイタリア語
duxラテン語

「指導者」の意。イタリアのベネチア、ジェノバ両共和国の最高執政官。後者は前者の模倣(1339年以後)なので、普通は前者をさす。ベネチアのドージェについては、697年に初出、742年以後連続して出現した。全市民集会で選出されたドージェは強大な権限を有したが、同集会を名目化した有力者層の評議会が権力を集中したため、12世紀以後その権限はしだいに縮小した。ドージェはベネチア共和国の崩壊(1797)まで存続した。[斉藤寛海]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドージェの関連キーワードベネチアのドゥカーレ宮パラッツォ・ドゥカーレフィレンツェ共和国麦穂あんなスカルパ鉄仮面

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android