コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーズ ドーズDawes, Charles Gates

5件 の用語解説(ドーズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーズ
ドーズ
Dawes, Charles Gates

[生]1865.8.27. オハイオマリエッタ
[没]1951.4.23. エバンストン
アメリカの政治家,財政家。シンシナティ法律学校で学び,弁護士となったが,W.マッキンレー大統領選挙を支援して政界に入り,財政面で活躍。 1902年にイリノイ州セントラル信託銀行を組織し,財界に戻った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ドーズ
ドーズ
Dawes, William

[生]1745.4.6. ボストン
[没]1799.2.25. ボストン
アメリカ植民地時代のボストンの皮なめし工,雑貨商。アメリカ独立戦争勃発の前夜,1775年4月 18日の夜,P.リビアとともにイギリス軍の来襲を馬を駆って知らせた。これにより翌 19日,朝のイギリス軍と植民地側民兵の間にレキシントン,コンコードで銃火が交えられ,独立戦争の幕が切って落された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ドーズ

米国の財政家,実業家。信託業界で活躍し,第1次大戦後の国家財政再建に当たった。またドイツ賠償問題解決に尽力。1925年ノーベル平和賞。→ドーズ案

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ドーズ【dose】

一回分の薬の服用量。一服。
放射線などの被放射量。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーズ
どーず
Charles Gates Dawes
(1865―1951)

アメリカの銀行家、政治家。オハイオ州生まれ。弁護士を経て実業界入り。W・マッキンリーの大統領選挙運動を支援、この論功行賞として政権誕生後1897年通貨監督官に就任、金本位制の確立に尽くす。退任後1902年イリノイ州で銀行、信託会社を設立、金融界に入る。第一次世界大戦後1921年ハーディング政権下の財政官を経て、1923年末ドイツ賠償問題・専門委員会の委員長に就任、翌1924年「ドーズ案」を取りまとめた。この功績により1925年ノーベル平和賞を受賞、クーリッジ政権の副大統領(1925~1929)となった。こののちドミニカ共和国の財政顧問を経て、フーバー政権期には駐英大使、ロンドン軍縮会議の代表を務め、1932年には復興金融公社の初代総裁に就任した。[牧野 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドーズの関連キーワード伊藤惣兵衛ウィンチェスター海津幸一加藤徳成スターリング武市瑞山建部武彦月形洗蔵中川宇右衛門ブルック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドーズの関連情報