コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーズ Dawes, Charles Gates

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーズ
Dawes, Charles Gates

[生]1865.8.27. オハイオマリエッタ
[没]1951.4.23. エバンストン
アメリカの政治家,財政家。シンシナティ法律学校で学び,弁護士となったが,W.マッキンレーの大統領選挙を支援して政界に入り,財政面で活躍。 1902年にイリノイ州のセントラル信託銀行を組織し,財界に戻った。第1次世界大戦中はフランスに滞在,19年に代将となり引退。大戦後ドイツの賠償問題に関するドーズ案を提案し,ドーズ委員会の委員長として,ヨーロッパの通貨の安定に尽力し,25年にノーベル平和賞を受賞。 25~29年は C.クーリッジ大統領を補佐して副大統領をつとめ,29~32年はイギリス駐在大使として活躍した。

ドーズ
Dawes, William

[生]1745.4.6. ボストン
[没]1799.2.25. ボストン
アメリカ植民地時代のボストンの皮なめし工,雑貨商。アメリカ独立戦争勃発の前夜,1775年4月 18日の夜,P.リビアとともにイギリス軍の来襲を馬を駆って知らせた。これにより翌 19日,朝のイギリス軍と植民地側民兵の間にレキシントン,コンコードで銃火が交えられ,独立戦争の幕が切って落された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ドーズ【dose】

一回分の薬の服用量。一服。
放射線などの被放射量。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーズ
どーず
Charles Gates Dawes
(1865―1951)

アメリカの銀行家、政治家。オハイオ州生まれ。弁護士を経て実業界入り。W・マッキンリーの大統領選挙運動を支援、この論功行賞として政権誕生後1897年通貨監督官に就任、金本位制の確立に尽くす。退任後1902年イリノイ州で銀行、信託会社を設立、金融界に入る。第一次世界大戦後1921年ハーディング政権下の財政官を経て、1923年末ドイツ賠償問題・専門委員会の委員長に就任、翌1924年「ドーズ案」を取りまとめた。この功績により1925年ノーベル平和賞を受賞、クーリッジ政権の副大統領(1925~1929)となった。こののちドミニカ共和国の財政顧問を経て、フーバー政権期には駐英大使、ロンドン軍縮会議の代表を務め、1932年には復興金融公社の初代総裁に就任した。[牧野 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドーズの関連キーワードマルクス(Wilhelm Marx)レキシントン・コンコードの戦いチャールス・G. ドーズ第1次世界大戦戦後処理北海道旧土人保護法履行政策[ドイツ]ワイマール共和国シュトレーゼマンベルサイユ体制W. マルクスマッキンレーチェンバレンロンドン会議累積線量効果ロカルノ条約息子と恋人ルール占領ちりめん環指定居留地3月19日

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドーズの関連情報