コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーバー城 ドーバーじょうDover Castle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーバー城
ドーバーじょう
Dover Castle

イギリス,ケント県ドーバーにある城。英仏海峡を望む港ドーバーには,古くから城郭が築かれていた。現在残るものは,1179~91年頃ヘンリー2世が既存の城の天守内部の城壁を改築したもの。外郭 (外壁は 1230~40) と内郭に取囲まれ,中心となる天守は3階建て,ノルマン型角塔天守の最大で最後の例。主入口は3階にあり,入口囲いと階段,内部の踊り場に組込まれた跳ね橋により到達でき,戦時にはその橋を落し天守の防衛をはかっていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ドーバー‐じょう〔‐ジヤウ〕【ドーバー城】

Dover Castle》英国イングランド南東端、ケント州の都市ドーバーにある城。古代ローマ時代より灯台が置かれ、12世紀にノルマン朝の要塞が築かれた。第二次大戦においても重要な戦略拠点になり、当時作られたトンネルが残っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ドーバー城

イギリスの画家リチャード・ウィルソンの絵画(1746-47頃)。原題《Dover Castle》。イギリスにおける初期の風景画家として、ターナーコンスタブルに多大な影響を与えたウィルソンによる代表作の一つ。国立ウェールズ美術館所蔵。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内のドーバー城の言及

【ドーバー】より

…市街地はドゥア川河口を中心に広がり,その両端には有名な〈ドーバーの白崖〉が迫っている。市内東部の標高114mの丘陵上にドーバー城があり,ローマ時代の灯台やノルマン風の本丸,セント・メアリー教会などを有する。このほか市内には,13世紀の巡礼者用宿舎メゾン・デュー・ホールや,《リア王》と関連したシェークスピアの崖など,名所が多い。…

※「ドーバー城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドーバー城の関連キーワードドーバー(イギリス)イギリス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android