コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーリン ドーリンDolin, Anton

3件 の用語解説(ドーリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーリン
ドーリン
Dolin, Anton

[生]1904.7.27. サセックス,スリンフォルド
[没]1983.11.25. パリ
イギリスの舞踊家。本名 Sydney Francis Patrick Chippendall Healey-Kay。初め俳優を志したが,1921年 S.ディアギレフバレエ・リュスに入り,『青い汽車』『部屋』などに出演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ドーリン

アイルランド生れの舞踊家,振付家。ブライトンニジンスカらに学び,早くから頭角を現す。1921年〈バレエ・リュッス〉の《眠れる森の美女ロンドン公演に参加。ニジンスカ振付の《ブルー特急(青列車)》(1924年)などでのアクロバティックな踊りで一躍名声を得る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーリン
どーりん
Anton Dolin
(1904―1984)

イギリスのバレエダンサー、振付家。1921年イギリスの男性としては初めてディアギレフ・ロシア・バレエ団に参加、軽業(かるわざ)的な動きに長じていたため『青汽車』に抜擢(ばってき)されたのを皮切りに『牝鹿(めじか)』『ダフニスとクロエ』などを踊った。35年にマルコワ‐ドーリン・バレエ団を創設し、『ジゼル』などを踊り、その後、アメリカン・バレエ・シアターにも参加した。50年にロンドン・フェスティバル・バレエ団(現イングリッシュ・ナショナル・バレエ団)を創設し、61年まで芸術監督を務めた。ロマンチック・バレエの『パ・ド・カトル』を復活させたことでも有名である。[市川 雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドーリンの関連キーワード解析変成作用熱雲東欧演劇竹島(韓国名・独島)問題日露戦争日韓議定書白石葭江橘周太バードヒルゲンドルフ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドーリンの関連情報