コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーリン ドーリン Dolin, Anton

3件 の用語解説(ドーリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーリン
ドーリン
Dolin, Anton

[生]1904.7.27. サセックス,スリンフォルド
[没]1983.11.25. パリ
イギリスの舞踊家。本名 Sydney Francis Patrick Chippendall Healey-Kay。初め俳優を志したが,1921年 S.ディアギレフバレエ・リュスに入り,『青い汽車』『部屋』などに出演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ドーリン

アイルランド生れの舞踊家,振付家。ブライトンニジンスカらに学び,早くから頭角を現す。1921年〈バレエ・リュッス〉の《眠れる森の美女ロンドン公演に参加。ニジンスカ振付の《ブルー特急(青列車)》(1924年)などでのアクロバティックな踊りで一躍名声を得る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーリン
どーりん
Anton Dolin
(1904―1984)

イギリスのバレエダンサー、振付家。1921年イギリスの男性としては初めてディアギレフ・ロシア・バレエ団に参加、軽業(かるわざ)的な動きに長じていたため『青汽車』に抜擢(ばってき)されたのを皮切りに『牝鹿(めじか)』『ダフニスとクロエ』などを踊った。35年にマルコワ‐ドーリン・バレエ団を創設し、『ジゼル』などを踊り、その後、アメリカン・バレエ・シアターにも参加した。50年にロンドン・フェスティバル・バレエ団(現イングリッシュ・ナショナル・バレエ団)を創設し、61年まで芸術監督を務めた。ロマンチック・バレエの『パ・ド・カトル』を復活させたことでも有名である。[市川 雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドーリンの関連キーワードサセックスセックスシンボルセックスレスモノセックスユニセックスアセックスセーフセックスセックス依存症セックス・スフィアサセックス岩

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドーリンの関連情報