ドーリン(英語表記)Dolin, Anton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーリン
Dolin, Anton

[生]1904.7.27. サセックス,スリンフォルド
[没]1983.11.25. パリ
イギリスの舞踊家。本名 Sydney Francis Patrick Chippendall Healey-Kay。初め俳優を志したが,1921年 S.ディアギレフのバレエ・リュスに入り,『青い汽車』『部屋』などに出演。ビック・ウェルズ・バレエ団を経て,パートナーであった A.マルコワとマルコワ=ドーリン・バレエ団 (1935~48) ,ロンドン・フェスティバル・バレエ団 (→イングリッシュ・ナショナル・バレエ団 ) を組織,それらの主要ダンサー兼ディレクターをつとめた。 61年退団後もフリーの振付師として活躍。 81年ナイトの称号を受けた。著書『ディベルティスマン』 Divertissement (1931) ,『マルコワ』 Alicia Markova (53) ,『アントン・ドーリン』 Autobiography (60) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ドーリン

アイルランド生れの舞踊家,振付家。ブライトンでニジンスカらに学び,早くから頭角を現す。1921年〈バレエ・リュッス〉の《眠れる森の美女》ロンドン公演に参加。ニジンスカ振付の《ブルー特急(青列車)》(1924年)などでのアクロバティックな踊りで一躍名声を得る。1935年,マルコーワとともにマルコーワ=ドーリン・バレエ団を主宰(1935年―1938年,1945年)。1940年にはバレエ・シアター(現アメリカン・バレエ・シアター)の旗揚げ公演に参加。1950年―1961年ロンドン・フェスティバル・バレエ団の芸術監督。ロマンティック・バレエ期の名作《パ・ド・カトル》(原振付J.J.ペロー)を復元したことも有名。→アロンソ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーリン
どーりん
Anton Dolin
(1904―1984)

イギリスのバレエ・ダンサー、振付家。1921年イギリスの男性としては初めてディアギレフロシア・バレエ団に参加、軽業(かるわざ)的な動きに長じていたため『青汽車』に抜擢(ばってき)されたのを皮切りに『牝鹿(めじか)』『ダフニスとクロエ』などを踊った。35年にマルコワ‐ドーリン・バレエ団を創設し、『ジゼル』などを踊り、その後、アメリカン・バレエ・シアターにも参加した。50年にロンドン・フェスティバル・バレエ団(現イングリッシュ・ナショナル・バレエ団)を創設し、61年まで芸術監督を務めた。ロマンチック・バレエの『パ・ド・カトル』を復活させたことでも有名である。[市川 雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android