コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイルの放物線(落体運動) Neil's parabola

法則の辞典の解説

ナイルの放物線【Neil's parabola】

地球上における落体の運動が,自由落下状態で地球の自転の影響を受けて描く経路をいう.落下の初期点を含む鉛直線と東方へ向かう直線とを含む鉛直面内で,原点を地表にとり,鉛直上方へ z 軸,東方向へ y 軸をとったとき,落体の運動経路は

のような放物線となる.これをナイルの放物線という.ここで ω は地球自転の角速度,β は緯度,h は落下し始めの点の鉛直高度,&scriptg; は重力の加速度である.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android