コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイルの放物線 ナイルのほうぶつせん Neil's parabola

1件 の用語解説(ナイルの放物線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナイルの放物線
ナイルのほうぶつせん
Neil's parabola

地球の自転を考慮したときに,自由落下する物体は東向きのコリオリの力のために少し東へかたよって落下するが,そのとき描く経路をナイルの放物線という。東向きに y 軸,鉛直上向きに z 軸をとり,地球の自転角速度を ω ,重力加速度を g とすれば,緯度 λ の地点で高さ h の塔から初速ゼロで落下する物体の経路は次の式で与えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナイルの放物線の関連キーワード自由落下地動説日周視差地動フリーフォール深層大循環テイトの法則ナイルの放物線(落体運動)落球粘度計の式アリスタルコス[サモスの]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone