コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナスカ ナスカ Nazca

4件 の用語解説(ナスカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナスカ
ナスカ
Nazca

ペルー中南部,イカ県南部の都市。県都イカの南東約 130km,アンデス山脈西麓にあり,グランデ川支流ナスカ川に臨む。周辺の灌漑農業地帯の中心地で,綿花,家畜などを集散。周辺一帯は先インカ期のナスカ文化が栄えた地で,北郊の有名な地上絵 (1994年世界遺産文化遺産に登録) など多数の遺跡があり,市はその観光中心地としてにぎわう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ナスカ(Nazca)

ペルー南西部の小都市。1~8世紀にかけてナスカ文化が栄えた地で、巨大な地上絵や多くの遺跡がある。1994年に「ナスカとフマナ平原の地上絵」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録。2016年に「ナスカとパルパの地上絵」に名称変更された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ナスカ【Nazca】

ペルー南西部の小都市。近郊には先インカ期の遺跡や、大地上絵がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナスカ
なすか
Nazca

南アメリカ、ペルー南西部の都市。イカの南東135キロメートルに位置する。人口2万2300(2003推計)。リオ・グランデ川支流のナスカ川流域にある山間オアシスの中心地で、家畜、綿花の集散地である。近郊に紀元800年ごろ繁栄した先インカ時代の遺跡がある。また、市の北約22キロメートルには、紀元前1000年ごろつくられたと推定される、台地上の砂漠に描かれた巨大な幾何学的図形や、イヌ、サル、鳥(羽の両端の幅が100メートルを超える)などの絵図形の遺跡(地上絵)があり、観光客をはじめ訪問者が多い。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナスカの関連キーワードアレキパベラトワンカベリカエボロワドルパット井笠アワサムイラバクワンガ山梨県南巨摩郡南部町南部

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナスカの関連情報