コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナツハゼ Vaccinium oldhami

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナツハゼ
Vaccinium oldhami

ツツジ科の落葉低木。日本,朝鮮半島,中国に分布する。日当りのよい山地に普通に生え,幹は高さ1~2mとなり,よく分枝する。葉は互生し,長さ3~8cmの広卵形で先はとがり,葉縁および裏面にあらい毛がある。5~6月に,枝先に総状花序を出し,淡黄赤褐色の鐘状小花を多数つける。花冠は長さ4~5mmで,先は浅く5裂する。果実は球形の液果で径6~7mm,黒褐色に熟する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナツハゼ
なつはぜ / 夏櫨
[学]Vaccinium oldhami Miq.

ツツジ科の落葉低木。高さ1~2メートル。若枝は赤褐色で、短毛と腺毛(せんもう)がある。葉は互生し、卵状楕円(だえん)形で長さ4~6センチメートル、両面に粗い毛と腺毛がある。5~6月、若枝の先に長さ5~7センチメートルの総状花序をつくり、鐘形の淡黄赤褐色の小花を下向きに多数開く。花冠は長さ4~5ミリメートル、先は浅く5裂し、萼(がく)には短毛と腺毛がある。果実は表面に白い粉があり、球形、径約8ミリメートルで、穂になって多数つく。秋に赤褐色から紫黒色に熟し、食べられる。丘陵、山地に生え、北海道から九州、および朝鮮半島南部、中国に分布する。果実の上部に萼の跡が大きな輪のようになって残るため、これを鉢巻に見立ててハチマキイチゴ(中国地方)、ハチマキブドウ(東京西部、山梨地方)などの方言がある。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のナツハゼの言及

【スノキ】より

…北アメリカのクランベリーV.macrocarpon Ait.(英名large cranberry)は果実が径1~2cmとなり,ジュースやジャム用に栽培される。 スノキ節は6種あるが,スノキのほかによく見られるものは,ウスノキとナツハゼである。ウスノキV.hirtum Thunb.はスノキによく似るが果実に5本の稜があり,熟すと紅色になる。…

※「ナツハゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナツハゼの関連キーワードツツジ科鬼の舌震小林義雄秋衣

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android