コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナツハゼ ナツハゼ Vaccinium oldhami

2件 の用語解説(ナツハゼの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナツハゼ
ナツハゼ
Vaccinium oldhami

ツツジ科の落葉低木。日本,朝鮮半島,中国に分布する。日当りのよい山地に普通に生え,幹は高さ1~2mとなり,よく分枝する。葉は互生し,長さ3~8cmの広卵形で先はとがり,葉縁および裏面にあらい毛がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナツハゼ
なつはぜ / 夏櫨
[学]Vaccinium oldhami Miq.

ツツジ科の落葉低木。高さ1~2メートル。若枝は赤褐色で、短毛と腺毛(せんもう)がある。葉は互生し、卵状楕円(だえん)形で長さ4~6センチメートル、両面に粗い毛と腺毛がある。5~6月、若枝の先に長さ5~7センチメートルの総状花序をつくり、鐘形の淡黄赤褐色の小花を下向きに多数開く。花冠は長さ4~5ミリメートル、先は浅く5裂し、萼(がく)には短毛と腺毛がある。果実は表面に白い粉があり、球形、径約8ミリメートルで、穂になって多数つく。秋に赤褐色から紫黒色に熟し、食べられる。丘陵、山地に生え、北海道から九州、および朝鮮半島南部、中国に分布する。果実の上部に萼の跡が大きな輪のようになって残るため、これを鉢巻に見立ててハチマキイチゴ(中国地方)、ハチマキブドウ(東京西部、山梨地方)などの方言がある。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のナツハゼの言及

【スノキ】より

…北アメリカのクランベリーV.macrocarpon Ait.(英名large cranberry)は果実が径1~2cmとなり,ジュースやジャム用に栽培される。 スノキ節は6種あるが,スノキのほかによく見られるものは,ウスノキとナツハゼである。ウスノキV.hirtum Thunb.はスノキによく似るが果実に5本の稜があり,熟すと紅色になる。…

※「ナツハゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナツハゼの関連キーワード三葉躑躅蓮華躑躅米躑躅五葉躑躅小瓔珞躑躅東国三葉躑躅梅花躑躅穂躑躅瓔珞躑躅レンゲツツジ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナツハゼの関連情報