コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナハニ国立公園 ナハニこくりつこうえんNahanni National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナハニ国立公園
ナハニこくりつこうえん
Nahanni National Park

カナダ,ノースウェスト准州西部,ユーコン准州との境界付近を 320kmにわたって流れるサウスナハニ川流域一帯に広がる国立公園。 1972年指定。面積 4766km2。かつては金鉱探しでにぎわった地域であるが現在では自動車道路もなくドールシープやグリズリー,ヘラジカ,ビーバーなどの生息する大自然が残っている。サウスナハニ川の途中には高さ 1000m以上の断崖峡谷や落差 90mのバージニア滝などがあり,先住民ナハニ族さえも近づくことができなかった秘境として知られる。北緯 60度以上にもかかわらず穏やかな気候は,公園内に多くの温泉があるためで,バラ,シダ,ランといった植物もみられる。 1978年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界遺産詳解の解説

ナハニこくりつこうえん【ナハニ国立公園】

1978年に登録された世界遺産(自然遺産)で、カナダ西部のノースウェスト準州にある広大な国立公園(面積は4765km2)。ナハニは、先住民デネ族の言葉で「精神」を意味する。北緯60度以上に広がるツンドラの原野や森林、山塊などの厳しい自然環境と、道路もなく川を遡上するか飛行機を使うしかないという条件から、手つかずの自然が残されている。その中心部はサウス・ナハニ川流域の4つの壮大な峡谷である。急峻な峡谷と、落差90mに達するヴァージニア・フォールズ(滝)、標高2972mのマッキンジー山などがあり、公園内には多くの温泉が湧き出ている。この公園はトウヒやヤマナラシの原生林のほか、レアオーキッドの群生があることで有名。また260種に及ぶコケ類が確認され、ダルシープ、マウンテンゴート、ハイイロオオカミ、カリブーなどの40種以上の哺乳類、170種に及ぶ鳥類や魚類が生息している。◇英名はNahanni National Park

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

ナハニ国立公園の関連キーワードマッケンジー地区

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android