コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナホム書 ナホムしょBook of Nahum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナホム書
ナホムしょ
Book of Nahum

旧約聖書 12小預言書の一つ。「主は慰めた」の意。前 663 (テーベ陥落) ~612 (ニネベ陥落) 年の間に書かれたもので,「ニネベについての託宣,エルコシ人ナホムの幻の書」と題されている。みずからの敵に対する主の憤りと報復が歌われたのち,アッシリア帝国の首都の一つニネベの滅亡についての預言がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナホムしょ【ナホム書 Book of Nahum】

旧約聖書の〈12小預言者〉に属する預言書。ナホムについてはエルコシの出身というほかに何も知られていない。彼の預言は前612年アッシリアの都ニネベが,新バビロニアによって滅ぼされることを主題としている。1章1~9節には〈いろは歌〉の技巧を使っており,1章12,13,15節,2章2節にはユダ王国の救いについての預言も見られる。《ナホム書》はアッシリアの属領状態から脱しようとするユダの民族的預言である。【木田 献一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナホム書
なほむしょ
The book of Nahum

『旧約聖書』中の十二小預言書に属し、ユダの地エルコシ出身の預言者ナホムによる、アッシリアの首都ニネベ滅亡(前612年)の託宣預言である。わずか3章に及ぶ内容だが、1章12~2章1と3の断片的預言はそれより10年以上もさかのぼるものとされている。この部分を別にして、1章の「いろは歌」と2章は、罰すべきは罰する恵みの神の賛歌と、新バビロニア帝国によるニネベ陥落の預言である。アッシリアを獅子(しし)、ニネベをその獅子の穴に例えた預言詩は、簡潔ではあるが文学的にも優れたものである。遊女ニネベへの嘲笑(ちょうしょう)歌と結びで終わる。[吉田 泰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ナホム書の関連キーワードピント吉田

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android