高等弁務官(読み)こうとうべんむかん(英語表記)high commissioner

日本大百科全書(ニッポニカ)「高等弁務官」の解説

高等弁務官
こうとうべんむかん
high commissioner

高等弁務官という称号は、国際関係において種々の場合に任命される高官について用いられる。まず、外国領土で一国が行使する政治的権限を付与された当該国の代表者(たとえば、ギリス占領下のエジプト駐在高等弁務官や、返還以前の沖縄におけるアメリカの高等弁務官)を、また、他国と共同統治を行う領土における一国の代表者(たとえば、かつてュー・へブリデス諸島の共同統治においてそれぞれが任命していた高等弁務官)をさすことがある。つぎに、一定施政権または行政権を付与された国際機関(ないし1または2以上の国)の代表者(たとえば、国際連盟のダンツィヒ自由市高等弁務官)や、最近ではとくに、人道援助や人権の国際的保障のための活動をする国際機関(たとえば、国連難民高等弁務官国連人権高等弁務官、OSCE〔欧州安全保障協力機構〕少数民族高等弁務官)をさすことがある。なお、1991~2000年にかけて緒方貞子(おがたさだこ)が国連難民高等弁務官を務めた。さらにまた以上とは別に、2国間の政治関係が通常の外交関係の存在を困難にする際に一政府が他政府に派遣する代表者(かつてのフランスとベトナム)について用いられることもある。

[皆川 洸・川﨑恭治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「高等弁務官」の解説

こうとう‐べんむかん カウトウベンムクヮン【高等弁務官】

〘名〙 国際関係において、種々の場合に任命され派遣される特別の行政官
(イ) イギリス連邦の加盟国が相互に交換する代表。
() 一定の施政権または行政権を付与された国際機関の代表者。一九一九年、ダンチヒ自由市に派遣された国際連盟の代表や、国際連合の難民高等弁務官など。
(ハ) 外国領土で一国が行使する政治的権限を付与された当該国の代表者。第二次世界大戦後、アメリカ合衆国が沖縄に設置した民政府の最高責任者など。
(ニ) 他国と共同統治を行なう領土における、一国の代表者。
(ホ) 両国の政治関係が通常の外交関係を困難にする際に、一政府が他政府に派遣する代表者。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「高等弁務官」の解説

高等弁務官
こうとうべんむかん
high commissioner

(1) イギリス連邦諸国間で相互に交換している外交使節団の長。元首共通にしたことから大使といわず高等弁務官の名称を用いるが,外交特権席次儀礼などは大使と変らない。 (2) 沖縄を統治したアメリカ民政府の長官。歴代軍司令官が兼任したが,沖縄の日本への復帰に伴い,72年5月廃止された。なお国際連合は,難民の救済のため国連難民高等弁務官事務所を維持しており,その長に難民高等弁務官という名称を与えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「高等弁務官」の解説

こうとう‐べんむかん〔カウトウベンムクワン〕【高等弁務官】

保護国・従属国植民地・占領地などで統治国が行使する政治的権限を付与され、本国から派遣された施政官の長。日本では、復帰前の沖縄に設置された琉球列島米国民政府に高等弁務官が置かれていた。
英連邦の加盟国が相互に派遣しあう常駐外交使節の長。
人道支援人権保障などの活動を行う国際機関の最上級の担当官。国連人権高等弁務官(UNHCHR)や国連難民高等弁務官UNHCR)など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「高等弁務官」の解説

高等弁務官【こうとうべんむかん】

(1)一般にはイギリス連邦諸国間で交換される外交使節をさす。その地位・権限は大使公使と同等。(2)英・仏などが植民地に派遣した統治責任者。本国を代表する行政官であるが,その地位・権限は必ずしも一定していない。(3)一定の施政権または行政権を付与された国際機関の代表者(国連難民高等弁務官など)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「高等弁務官」の解説

こうとうべんむかん【高等弁務官 high commissioner】

(1)外交使節の一種 イギリス連邦諸国相互の間で交換される常駐使節は,高等弁務官とよばれるが,席次や特権免除などについては,一般の大使と同等の待遇を受ける。(2)国際機関の一種 1951年,国連総会のもとに,難民高等弁務官(UNHCR)が設置された。国連難民高等弁務官事務所本部ジュネーブにあるが,日本にも支部が置かれており,現在は主としてインドシナ難民の救済にあたっている。また1993年には,国連人権高等弁務官(UNHCHR)が設置された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android