コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーディル・シャー Nādir Shāh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーディル・シャー
Nādir Shāh

[生]1688.10.22. 北ホラーサーン,クブカン
[没]1747.6.19. クーチャン
イラン,アフシャール朝の創始者 (在位 1736~47) 。ナーディル・クリー・ベグと呼ばれ,アフシャール族の山賊の首領であったが,サファビー朝のアッバース3世を擁立して,トルコ,ロシアなどと戦ってたびたび破り,タハマースプ・クリー・ハンの称号を贈られた。しかし,1736年アッバース3世を廃してナーディル・シャーと称し,みずから王位についた。 38年より攻撃を東に転じて,アフガニスタンカンダハールカブールなどを占領し,さらにインドのムガル帝国と戦い,39年にはその首都デリーを略奪,有名な「くじゃくの王座」を持去った。残忍,野蛮であったため,47年ホラーサーンで反乱鎮圧にあたっていたある夜,天幕の中で暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ナーディル・シャー

イランのアフシャール朝(1736年―1796年)の創始者。トルコ系のアフシャール族の出身。イラン全土,アフガニスタンを支配下に収め,インド,中央アジア,メソポタミア,トルコなどに侵入。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナーディル・シャー
なーでぃるしゃー
Ndir Shh
(1688―1747)

イランのアフシャール朝の創始者(在位1736~47)。トルコ系アフシャール人の出身。サファビー朝のタフマースプ2世に仕え、アフガン人をイランから駆逐(くちく)、アゼルバイジャンをトルコから奪回して名声を得た。1732年、タフマースプを廃して、その幼児アッバース3世を擁立。36年には自ら即位して新王朝を開いた。インドに侵攻してムガル帝国の首都デリーを占領。ロシアからカスピ海南西岸の占領地を回収して国威を発揚した。しかし内政面では、疲弊した国民に重税を課したり、シーア派を奉じるイラン人をスンニー派に改宗させようとするなど幾多の失敗を犯し、ために各地で暴動、反乱が頻発した。47年、部下の手で暗殺された。[羽田亨一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ナーディル・シャー

生年月日:1688年10月22日
イランのアフシャール朝の創始者(在位1736〜47)
1747年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ナーディル・シャーの関連キーワードアフマド・シャー・ドゥッラーニーアフマッド・シャー・ドゥラーニーアフマド・シャー・ドゥッラーニーモハメッド ザヒル・シャーカリーム・ハーン・ザンドバンダル・アッバースアスタラーバーディーシャーセバーン族カリーム・ハーンカリーム・ハーンアフガニスタン史バーラクザイ朝イスファハーンドゥラーニー朝ブハラ・ハン国ブーシェフルヒバ・ハン国マシュハドシーラーズザンド朝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android