コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニオイアラセイトウ ニオイアラセイトウ Cheiranthus cheiri; wall-flower

3件 の用語解説(ニオイアラセイトウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニオイアラセイトウ
ニオイアラセイトウ
Cheiranthus cheiri; wall-flower

アブラナ科の二年草。南ヨーロッパ原産。全体に灰色の毛におおわれ,高さ 30~70cm。葉は披針形で先がとがる。春から初夏の頃,茎の上部に香りのよい径 3cmほどの十字花が総状に集って咲く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニオイアラセイトウ

ウォールフラワーとも。ヨーロッパ原産のアブラナ科多年草。園芸的には秋まきの一年草として扱われる。高さ30〜80cmになり,葉は先のとがった披針形。春〜初夏,茎の上部に黄だいだい色の芳香のある4弁花を総状につける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニオイアラセイトウ
においあらせいとう
[学]Cheiranthus cheiri L.

アブラナ科の半耐冬性の二年草あるいは多年草であるが、普通は秋播(ま)き一年草として扱われる。一般にはケイランサスあるいはウォールフラワーwallflowerとよばれる。原産地は南ヨーロッパ。葉は長楕円(ちょうだえん)形のへら状で多数重なり、春4月に40センチメートル前後の花茎を伸ばし、菜の花に似た十字花を穂状につけ、快い芳香を放つ。花径は1センチメートルくらいで、黄色のほか、園芸種には橙(だいだい)色、赤褐色があり、花の大きな八重咲きもある。9月に種子を播いて育てるが、根が直根性なので植え替えはていねいに行う。乾燥地を好み、関東地方以南ではほとんど露地で越冬し、早春の花壇用としてふさわしい。花壇植えや鉢植えには丈の低い矮性(わいせい)種を、また切り花用には丈のよく伸びる高性種を使うとよい。[伊藤秋夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニオイアラセイトウの関連キーワードヨーロッパ原子力機関ヨーロッパ原子力共同体パースニップベルフラワーエディブルフラワーベント芝ヨーロッパトルコヨーロッパロシアボトルフラワーフレンチ・ウォーター・ドッグ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone