コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニオガイ Barnea manilensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニオガイ
Barnea manilensis

軟体動物門二枚貝綱ニオガイ科。長 7cm,殻高 2.4cm,殻幅 2.3cm。殻は薄く,前後に長く,殻頂は前方に寄り,後方に向うにつれて細くなる。前端腹側は,両殻の間が広く開き,殻表は成長脈と放射肋が交って棘状になるが,放射肋は後方にいくに従い弱くなる。前端背側にはへら状の前板が乗る。潮間帯付近にすみ,足を前後側から出して岩に当て,殻を動かして泥岩を削って穿孔し,後端から水管を出して呼吸して餌をとる。北海道から九州,熱帯太平洋に広く分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニオガイ
におがい / 鳰貝
[学]Barnea manilensis

軟体動物門二枚貝綱ニオガイ科の二枚貝。日本各地および太平洋の熱帯域に分布し、潮間帯下の泥岩中に穿孔(せんこう)してすんでいる。殻長50ミリ、殻高25ミリぐらいで、殻は白くて薄質、殻頂は前方に寄る。前背縁は反曲し、殻頂上を覆い、そこにヤナギの葉形の前板がのっている。殻の輪郭が水鳥(ニオはカイツブリの古名)を連想させるのが名の由来である。殻前部の放射肋(ろく)は成長脈と交わったところで棘(とげ)状となり、全体がやすり板状になる。殻前腹縁は開いていて、ここから吸盤状の足が出る。この足によって動物は穿孔した穴の中に固着し、殻を回転させながら穴を広げる。ヨーロッパにすむ近縁種のヒカリニオガイB. dactylusは、発光動物として知られる。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニオガイの関連キーワードウミタケガイ(海茸貝)テンシノツバサガイカモメガイモドキニオガイ(鳰貝)ヒカリニオガイウミタケガイカモメガイ天使の翼貝穿孔動物スズガイ海茸貝擬鳰貝擬鴎貝貝類鳰貝鴎貝海茸鈴貝海笋

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android