コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコバル諸島民 ニコバルしょとうみん Nicobarese

2件 の用語解説(ニコバル諸島民の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコバル諸島民
ニコバルしょとうみん
Nicobarese

ベンガル湾の 19島から成るこの諸島のうち,12島に居住する住民。在来の住民とマレー人ビルマ人,南インド人との混血で,地域ごとに異なるオーストロアジア語族系の言語を話す。人口の大半は最北のカルニコバル島に住む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ニコバルしょとうみん【ニコバル諸島民 Nicobarese】

インド領ニコバル諸島原住民。人口約1万4000(1961)。言語的にはすべてアウストロアジア語族に属し,6方言に分かれる。大ニコバル島奥地に住む半漂泊的なションペン族Shompenが,諸島最古の住民層をあらわすと考えられるが,近くのアンダマン諸島民と同類ではない。ニコバル諸島民は比較的低身で,褐色の皮膚をもち,短頭(ションペンは中頭)である。ココヤシとパンダヌスがおもな作物で,ヤムイモも作る。豚と鶏を家畜として飼い祭宴のときに食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニコバル諸島民の関連キーワードアンダマン諸島小アンティル諸島大アンティル諸島トケラウ諸島ニコバル諸島バージン諸島スピッツベルゲンババル諸島大アンティル[諸島]ニコバル[諸島]

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone