コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコバル諸島民 ニコバルしょとうみんNicobarese

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコバル諸島民
ニコバルしょとうみん
Nicobarese

ベンガル湾の 19島から成るこの諸島のうち,12島に居住する住民在来の住民とマレー人,ビルマ人,南インド人との混血で,地域ごとに異なるオーストロアジア語族系の言語を話す。人口の大半は最北のカルニコバル島に住む。やしの実交易をマレー半島などと行い,諸島内の島々の間ではカヌーと陶器の交易が行われる。最南のグレートニコバル島の奥地に住むショム・ペン族は,狩猟でとらえたいのししを飼育し,供犠獣とする慣習をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニコバルしょとうみん【ニコバル諸島民 Nicobarese】

インド領ニコバル諸島の原住民。人口約1万4000(1961)。言語的にはすべてアウストロアジア語族に属し,6方言に分かれる。大ニコバル島奥地に住む半漂泊的なションペン族Shompenが,諸島最古の住民層をあらわすと考えられるが,近くのアンダマン諸島民と同類ではない。ニコバル諸島民は比較的低身で,褐色の皮膚をもち,短頭(ションペンは中頭)である。ココヤシとパンダヌスがおもな作物で,ヤムイモも作る。豚と鶏を家畜として飼い祭宴のときに食べる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ニコバル諸島民の関連キーワードアウストロアジア語系諸族ベンガル湾

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android