ニック

栄養・生化学辞典の解説

ニック

 DNAの二本の鎖の片方の隣あった塩基の間の結合が一カ所切断された状態.物理的障害や酵素によって生成するとされる.この個所からDNAポリメラーゼIは修復という形で新しいDNA鎖を合成する.それをニックトランスレーションという.標識ヌクレオチドを使い,この反応を利用してDNA鎖の標識をする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ニック

新潟日報社、新潟日報販売店グループのマスコットキャラクター。ダチョウモチーフ

ニック

日本ハンドボールリーグに参加するハンドボールチーム、大同特殊鋼フェニックスのチームマスコット。不死鳥がモチーフ。

ニック

第2次世界大戦時の日本軍の戦闘機屠龍(とりゅう)」の連合軍によるコードネーム

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

現代外国人名録2012の解説

ニック
Nick


国籍
米国

専門
歌手

本名
Nickolas Gene Carter

別名
Nick〉 ニック〈Carter 別称=カーター

グループ名
グループ名=バックストリート・ボーイズ〈Backstreet Boys〉

生年月日
1980/1/28

出生地
米国 ニューヨーク州ジェームスタウン

経歴
1993年13歳でフロリダ州オーランドのオーディションで出会ったA.J.、ハウィー・Dと3人でダンス・ボーカルグループ、バックストリート・ボーイズ(Backstreet Boys,BSB)を結成。その後、ケビン、ブライアンが加わり、男性5人組グループとして’94年「ゴーイン・オン」で全米デビュー。’96年デビューアルバム「バックストリート・ボーイズ」がドイツのチャートで初登場1位を獲得、その後日本や米国でも人気を得、世界で850万枚、第2作は1300万枚の大ヒットとなる。’99年3枚目のアルバム「ミレニアム」は全世界で3500万枚を売り上げ、25ケ国でチャート1位を獲得。2000年グラミー賞では5部門にノミネートされる。グループとしての充電期間を経て、2005年5年ぶりにアルバム「ネヴァー・ゴーン」をリリース。2006年6月最年長のケビンが脱退し、4人組に。他のアルバムに「ブラック&ブルー」「アンブレイカブル」「ディス・イズ・アス」、「ナウ・オア・ネヴァー」(2002年)など。来日多数。2003年ソロで日本公演を開催。2011年8年ぶりのソロアルバム「アイム・テイキング・オフ」をリリース。

受賞
アメリカン・ミュージック・アワード(ポップ・ロック部門バンド賞)〔2001年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

ニック

生年月日:1980年1月28日
アメリカの歌手(バックストリート・ボーイズ)

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニックの関連情報