コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニホンオオカミ ニホンオオカミ Canis lupus hodophilax; Japanese wolf

4件 の用語解説(ニホンオオカミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニホンオオカミ
ニホンオオカミ
Canis lupus hodophilax; Japanese wolf

食肉目イヌ科。ヤマイヌともいう。オオカミのなかでは最も小型で,体長 1m,尾長 30cm内外。前後肢が短い。 1905年奈良県吉野郡鷲家口 (わしかぐち) で捕獲されたものが日本における最後の記録で,標本数はきわめて少い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ニホンオオカミ

体長1メートル前後、尾の長さは30~40センチ。シカやイノシシを捕食し、群れで暮らす。明治期まで本州、四国、九州に広く生息していたが、乱獲や伝染病で激減したとされる。1905年を最後に公式な捕獲例はなく、91年に絶滅種に指定された。今も各地から目撃情報が出てくるが、国立科学博物館の元科学教育室長、小原巌さんは「体長1メートルほどの獣の死骸が1世紀もの間、見つかっていないのは不自然。生存の可能性は限りなくゼロに近い」とみる。

(2013-10-03 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニホンオオカミ

オオカミ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニホンオオカミ
にほんおおかみ / 日本狼
Japanese wolf
[学]Canis hodophilax

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。ヤマイヌともいう。本州、四国、九州の特産。体長82~110センチメートル、尾長30センチメートル前後。タイリクオオカミに似るが、より原始的な種で、四肢、耳介、吻(ふん)が短く、額が高まらない。体は灰褐色で背が黒く、目の周りに淡色斑(はん)がない。頬(ほお)と四肢の内面は白色。シカを主食とし、ウマなどを襲うので恐れられていたが、1905年(明治38)に奈良県の鷲家口(わしかぐち)で捕獲された若い雄を最後に絶滅したとみられる。国内には剥製(はくせい)が3点、全身骨格が1点しか残っていない。[今泉吉典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニホンオオカミの関連キーワードマイクロメートル立方メートルデカメートルデシメートルナノメートルピコメートルセンチメートルミリメートル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニホンオオカミの関連情報