コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニワシドリ(庭師鳥) ニワシドリ bowerbird

翻訳|bowerbird

1件 の用語解説(ニワシドリ(庭師鳥)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ニワシドリ【ニワシドリ(庭師鳥) bowerbird】

スズメ目ニワシドリ科Ptilonorhynchidaeの鳥の総称。アズマヤドリ(亭鳥)ともいう。この科は8属17種からなり,ニューギニアとその近隣の島々およびオーストラリアに分布している。大部分の種は,繁殖期に手のこんだ構築物を地上につくり,雄はそこでディスプレーを行って雌を引き寄せ,交尾をする特異な生態がある。ニワシドリの名は,この特殊な構築物をつくる生態によっている。 全長23~38cm,およそツグミ大からカケス大の大きさがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニワシドリ(庭師鳥)の関連キーワード燕雀類花鳥小椋鳥猿子庭師鳥機織鳥烏帽子鳥クエラクエラ木の葉鳥

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone