コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌーボー ヌーボーNouveau, Germain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌーボー
Nouveau, Germain

[生]1851.7.31. バール,プリエール
[没]1920.4.4. バール,プリエール
フランスの詩人。マルセイユのリセで教鞭をとったのちパリに出,1874年ランボーを知り,ともにロンドンに渡る。ベイルートやパリで教職につくが,後半生は狂気と神秘主義の交錯する状態のなかで,乞食同然の放浪生活を続けた。作品は多く死後出版。いわゆる「呪われた詩人」の一人として近年注目を集め,1970年にプレイヤッド叢書の一冊として全集が出た。作品には『愛の理論』 Doctrine de l'amour (1881作) ,『ユミリスの詩』 Poèmes d'Humilis (1910) ,『アベ・マリ・ステラ』 Ave Maris Stella (12) ,『バランチーヌ』 Valentines (22) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヌーボー(〈フランス〉nouveau)

[名]
新しいこと。新しいもの。
アールヌーボー」の略。
ボージョレヌーボー」の略。
[ト・タル]《ぬうとして、ぼうとしているさまをの音に掛けていったもの》人の行動や性格がつかみどころのないさま。「ヌーボーとした人物」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ヌーボー【nouveau】

〔新しいの意〕
当年産のワイン。
二〇世紀初頭、フランスで流行した新しい美術様式。ヌーボー式。 → アール-ヌーボー
〔ヌーボーの音に、ぬうっとぼうっとしていることをかけてしゃれて言った語〕 つかみどころがなく、要領を得ないで、ぼうっとしているさま。 「 -とした大男」 「 -主義」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ヌーボーの関連キーワードアルフォンス・マリア・ミュシャ(1860~1939)アレクサンドレ シャルパンティエユーゲントシュティールCRマッキントッシュヌーボー・テアトルフランドルへの道インターメディアニューリアリズムヌーボー・ロマンアンチ・テアトルクリストゥス教会H. ギマールフランドル街道アンチ・ロマンリカルドゥージャポニスムロートレックアンチロマンロブグリエオーレスン

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヌーボーの関連情報