コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネスレ ネスレNestlé S. A.

2件 の用語解説(ネスレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネスレ
ネスレ
Nestlé S. A.

世界第2位のスイスの総合食品メーカー。 1866年アングロ=スイス・コンデンスドミルクとして設立。 1905年ソシエテ・ヘンリー・ネスレ (1867設立) と合併してネスレ・アンド・アングロ=スイス・コンデンスドミルクと改称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネスレ
ねすれ
Nestl S.A.

スイスの世界的食品会社。2009年度『フォーチュン』誌(アメリカの経済誌)のグローバル500社のランキングでは第48位であるが、食品部門では第1位で、世界最大の規模を誇る。1866年設立のアングロ・スイス・ミルク社Anglo-Swiss Condensed Milk Co.と、翌年設立されたアンリ・ネスレ商会S.A. Farine Lacte Henri Nestlは、コンデンスミルク、育児食品の製造販売をめぐって激しく競争していたが、この両社が1905年に合併して誕生した。また同じころチョコレート分野にも進出した。第一次世界大戦後、業績不振に陥ったため、銀行家のルイ・ダプレLouis Dapplsを経営陣に迎えて、同族的色彩を払拭(ふっしょく)した。1936年、持株会社化し、1938年にはインスタントコーヒーのネスカフェNescafを開発。1947年にはスイスの固形スープメーカー、マギーMaggi社の持株会社アリメンターナAlimentana S.A.と合併し、ネスレ・アリメンターナNestl Alimentana Co.と改称した。1977年から現社名となる。1985年にペットフードと乳製品のカーネーション社Carnation Co.(アメリカ)、1988年にはパスタと調理用食品のブイトーニ・ペルジーナBuitoni-Perugina社(イタリア)、1992年にはミネラルウォーターのペリエPerrier社(フランス)を買収した。
 商品群は前記のほか、ミネラルウォーターのヴィッテルVittel、粉ミルクのニドNido、チョコレートのキットカットKit Kat、ペットフードのフリスキーFriskiesなどが知られる。さらに食品以外では、1974年に傘下に収めたフランスの化粧品会社ロレアルL'Oralと、1977年に買収したアメリカの眼科用薬品会社アルコンAlcon Laboratories, Inc.の製品もあり、営業分野は広い。2008年の売上は1099億0800万スイス・フラン、純益180億3900万スイス・フラン。製品別売上高は、栄養関連9.4%、飲料25.9%、乳製品・アイスクリーム18.7%、調理用食品・調味料16.5%、チョコレート・菓子11.3%、ペットケア11.3%、医薬品6.9%。地域構成ではヨーロッパ37%、北米30%、南米14%、アジア13%、アフリカ3%、オセアニア3%であった。2008年現在、世界に456の工場をもち、従業員数は28万3000人。
 日本へも早くから進出しており、1913年(大正2)には横浜に支店がつくられているが、本格的な業務が開始されたのは1960年(昭和35)、神戸にネッスル日本が設立されてからである。なお、同社は1994年(平成6)8月にネスレ日本と表記を変更している。ネスレ日本の資本金は200億円、従業員数約2100人(2009)。[湯沢 威・上川孝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネスレの関連情報