ネットブック(読み)ねっとぶっく(英語表記)Netbook

日本大百科全書(ニッポニカ)「ネットブック」の解説

ネットブック
ねっとぶっく
Netbook

インターネット利用を主眼に開発されたパーソナルコンピュータネットPC)の一つで、ノートブックタイプのパソコン。ウェブの閲覧や電子メールの送受信、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)への参加といったインターネットの基本機能を、モバイル環境で使えることが基準となっている。ノートパソコンのなかでは、もっとも小型のタイプに分類される製品が多い。パソコンとしては安価で最小限の機能だが、携帯電話などと比べるとインターネットをはじめとするネットワーク環境を利用しやすく持ち運びも便利で人気を博した。有線、無線を問わず、LANなどのネットワークに手軽に接続できることが特徴の一つ。

 登場当初の2008年には、マイクロソフトインテルが定義する、軽量で小型のノートパソコンの基準にあわせた製品の呼称であったが、類似商品も便宜上ネットブックとまとめて呼ばれる。一般的には、インテル製Atom(アトム)プロセッサーなどの省電力CPU(中央処理装置)と12.1型以下の液晶モニターを搭載し、マイクロソフトのWindows 7 Starter(ウィンドウズセブンスターター)をオペレーティングシステム(OS)にする製品が多い。そのほかにも、グーグルのAndroid(アンドロイド)や独自OSを搭載したものや、タッチパネルのみの製品もある。

 ネットブックのほかにも、ネットノート、サブノート、ミニノートなどの呼び名も使われるが、いずれも厳密な規格基準はない。なお、ネットブックとともによく使われているネットノートは、ネットブックよりもやや大きめの液晶モニターをもつ、低価格薄型ノートパソコンのことをさすことが多い。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵「ネットブック」の解説

ネットブック

米インテルが提唱するIT機器の新カテゴリ。インターネットの利用を主な用途とし、性能と価格を抑えた低価格機と位置付けられ、CPUにインテルのATOMを搭載するのが前提とされている。形状は小型のノートパソコンで、OSにもパソコン用のWindows XPやLinuxを搭載する。同じコンセプトのデスクトップ型パソコンは「Nettop(ネットトップ)」と呼ばれる。
2008年年初から製品が出回りはじめ、同年夏には日本でも販売が本格化した。購入と同時に通信事業者イーモバイルと契約すればネットブックが3万円以上値引きとなり、製品によっては100円で入手できるというキャンペーンが展開されたことも、注目を集めるきっかけとなった。当初は価格競争力が高い海外メーカーや直販メーカーの製品が大半を占めたが、現在は国内大手パソコンメーカーも製品を投入している。
ウェブメールによる電子メールの置き換えに始まり、ドキュメント作成や写真の加工・管理など、パソコンのソフトウエアによって実現されていた用途をインターネットのサービス(ウェブアプリケーション)に置き換える動きが進んでいることも、ネットブック普及の追い風となっている。

(斎藤幾郎 ライター / 2009年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android