コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネロリ油 ネロリゆ néroli oil

翻訳|néroli oil

5件 の用語解説(ネロリ油の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネロリ油
ネロリゆ
néroli oil

フランス地中海沿岸,アルジェリアなどに栽培されるビターオレンジの花から蒸留によって得られる精油。強い独特の柑橘系の花香を放つ。オーデコロン,香水の原料として重要な天然香料である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ネロリ‐ゆ【ネロリ油】

neroli oil橙花油(とうかゆ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ネロリ油

 橙花油ともいう.ムクロジミカン科ミカン属の[Citrus aurautius]の花を原料に,水蒸気蒸留などで採取した油.芳香があり化粧用香料となる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ネロリゆ【ネロリ油】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネロリ油
ねろりゆ
neroli oilorange flower oil

フランス、イタリアスペインモロッコなどに産するミカンダイダイの新鮮な花を水蒸気蒸留すると収油率0.1%で得られる無色の香油で、橙花(とうか)油ともいう。日光や空気に触れると変質する。この精油成分はl‐リナロール、酢酸リナリル、ネロリドール、リモネンなどである。
 ダイダイは花からネロリ油、葉からはプチグレン油、果実皮からはオレンジ油、マーマレードが製造され利用価値が高い。果実は苦橙(くとう)bitter orangeといって生果として利用されないから、花から採油が行われるのである。水蒸気蒸留でネロリ油を製造する際、香成分中、水に溶けるものがあり、この蒸留水はオレンジフラワーオイル(橙花水)として利用されている。用途はフローラル調調合香料、オーデコロン、化粧水である。[佐藤菊正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネロリ油の関連キーワードブンタンイヨカンウンシュウミカンキシュウミカンキヌカワクネンボサンボウカンナツダイダイハッサクユズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone