ネーウィン

百科事典マイペディアの解説

ネーウィン

ミャンマーの軍人,政治家。タキン党員となり,第2次世界大戦前から反英独立運動に参加。1958年,1962年と再度のクーデタで政権を握り,以後革命評議会議長(元首),首相,国防相,軍最高司令官などを兼ね,1974年―1981年国家評議会議長(大統領)。1962年―1988年ビルマ社会主義計画党議長。
→関連項目ウー・ヌミャンマー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネーウィン【Ne Win】

1911‐2002
ミャンマーの政治家。プローム県パウンデー郡生れ。1932年ラングーン大学退学後郵便局に勤務。タキン党員となり,タキン・シューマウンと名のる。41年日本軍参謀本部の対ビルマ謀略機関〈南機関〉の手引きで日本へ脱出,軍事訓練を受けたのち,ビルマ独立軍,のちビルマ防衛軍の大隊長となる。しかし44年抗日運動に参加,45年3月蜂起する。46年中佐,47年大佐,同年末准将に昇進,48年のカレン族の反乱に伴いスミス・ドゥン将軍の辞任により参謀総長に就任する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のネーウィンの言及

【ミャンマー】より

…カレン族の臨時政府がタウングーに樹立され,カレン国〈コートゥーレー〉の独立が宣言された。ビルマ軍はネーウィン司令官の下に兵員を強化して事態収拾に努め,反政府組織の活動は52年を境に衰退した。このころ国民は,長びく内戦と万年与党の座に安住して腐敗した反ファシスト人民自由連盟に不満を抱いていた。…

※「ネーウィン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android