コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノイジードラー湖 ノイジードラーコ

3件 の用語解説(ノイジードラー湖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ノイジードラー‐こ【ノイジードラー湖】

Neusiedlersee》ハンガリーとオーストリアの国境にまたがるヨーロッパ最大の塩湖オーストリアではノイジードラー湖ハンガリーではフェルテー湖とよばれる。アシが生い茂り、コウノトリなど多くの野生生物の繁殖地となっている。周辺に立ち並ぶ中世・近世の宮殿や田舎風の建築物とともに、2001年「フェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観」として世界遺産文化遺産)に登録された。ノイジードル湖

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ノイジードラーこ【ノイジードラー湖】

オーストリアの首都ウィーンの南東約50km、オーストリアのブルゲンラント州とハンガリーにまたがる湖。面積は320km2で、中欧では2番目に大きいステップ湖(平原湖)だが、水深は最深でもわずか1.8mしかない。周辺はアシが生い茂る野鳥の天国で、280種の鳥類が生息している。浅い水深を利用したフリースタイルの湖横断水泳大会(身長160cm以上ならだれでも参加できる)が開かれているほか、ヨット、ウィンドサーフィン、釣りなどが楽しめる。また、湖周辺のなだらかな丘陵(きゅうりょう)地にはぶどう畑が広がり、貴腐ワインをはじめとする白ワインの名産地となっている。◇ハンガリーでは、マジャール語で「フェルテー湖(Fertő tó)」と呼ぶ。ハンガリーにまたがるこの湖一帯は、世界遺産に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノイジードラー湖
のいじーどらーこ
Neusiedler See

オーストリアとハンガリーの国境にある湖。湖面標高115メートル、南北36キロメートル、東西7~15キロメートル。流出河川がなく、雨が少ない地域にあるため湖面の変動があり、その面積は不定であるが、およそ320平方キロメートルほど。水深は1~2メートルと浅く、冬は凍結し、夏には水温30℃まで上昇することがある。ウィーン市民の週末行楽地となる。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノイジードラー湖の関連キーワード維納ウィーンの森カーレンベルクシュネーベルクドナウタワーウィーン気質ウィーンの花の舞踏会ウィーンフィル舞踏会ウィーンマラソンレゾナンツェン

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone