コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノウサンゴ ノウサンゴ Platygyra lamellina

2件 の用語解説(ノウサンゴの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノウサンゴ
ノウサンゴ
Platygyra lamellina

刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イシサンゴキクメイシ科。塊状の群体をつくり,大きなものでは直径が 50cmにもなる。全体の形が脳を連想させるのでその名がある。おのおのの莢は多角形で,長さ 5.5cm,幅 6mm,へりが高く湾曲する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノウサンゴ
のうさんご / 脳珊瑚
brain coral

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イシサンゴ目キクメイシ科Platygyra属の総称、およびそのなかの1種。また、一般には塊状の群体をつくり、蛇行する長い莢(きょう)をもつナガレサンゴ属Leptoriaやオオトゲサンゴ科のダイノウサンゴ属Symphylliaなどもノウサンゴとよぶことがある。ノウサンゴ類は海綿状の軸柱をもち、葉状の軸柱をもつナガレサンゴと区別され、隔壁上に小隔壁が発達するが、それは小さく幅が狭く、莢の幅が狭いことによってノウサンゴ型のキクメイシ類のほかの属から区別される。
 種のノウサンゴPlatygyra lamellinaは、本州中部地方以南の西太平洋からインド洋にかけての浅海に広く分布し、群体は半球の塊状をなし、外形が人間の大脳の形に似るところからこの名がある。莢の長さは5、6センチメートル、幅6ミリメートル。個虫は夜間に活動し、触手は透明で長く数センチメートル、先端に白色の刺胞球を備える。近縁種にシナノウサンゴP. sinensis、チヂミノウサンゴP. rusticaがある。この2種は、ともにノウサンゴと同様な所に生息する。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノウサンゴの関連キーワードハナヤサイサンゴ石珊瑚珊瑚八放珊瑚六放珊瑚サンゴ(珊瑚)造礁サンゴ(造礁珊瑚)ノウサンゴ(脳珊瑚)ハマサンゴ(浜珊瑚)六放サンゴ亜綱