コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノッティンガムシャー県 ノッティンガムシャーNottinghamshire

翻訳|Nottinghamshire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノッティンガムシャー〔県〕
ノッティンガムシャー
Nottinghamshire

イギリスイングランド中部の県。県都ウェストブリッジフォード。1998年にそれまで県都だったノッティンガムが単一自治体(ユニタリー unitary authority)となって分離した。ミッドランド地方の東部を占め,西部はペナイン山脈南東部の石灰岩丘陵,東部はトレント川中流域の低地からなり,西境に沿って夾炭層(きょうたんそう。→炭層)が露出している。ローマ時代にはレスターからリンカーンにいたるフォス街道が縦断,アングロ・サクソン時代には東部と南部の肥沃な土地に集落ができ,マーシア王国の一部となった。中世に盛んであった毛織物工業は 16世紀に衰えたが,1589年にメリヤス機が発明されると,メリヤス工業が盛んとなり発展。農業地帯で,オオムギコムギカラスムギテンサイなどの栽培と酪農が盛ん。園芸農業も重要。主要鉱業は石炭採掘で,西部の炭田地帯では 16世紀から露天掘りが行なわれていたが枯渇し,東部の深い坑内掘り地帯の開発が行なわれている。古くからアラバスターの産地としても知られる。工業部門ではメリヤス工業,18世紀以来のレース工業などの伝統産業のほか,鉄鋼,機械,自転車自動車部品医薬品,たばこなどの工業がある。面積 2085km2。人口 76万2700(2005推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone