ノボロギク

百科事典マイペディアの解説

ノボロギク

キク科の一〜二年草。ヨーロッパ原産だが今では全世界の暖〜温帯に帰化しており,日本には明治初年に渡来。道ばたや畑にはえる。茎は柔らかく,分枝して高さ20〜40cm,葉は羽状に裂ける。頭花は黄色の筒状花からなり,ふつう春〜夏に開くが,一年中開花することもある。近縁のサワギクボロギク)は日本特産の野生種で,多年生,山地の林内にはえる。頭花は黄色で,舌状花と筒状花からなり,6〜8月開花。
→関連項目ボロギク

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノボロギク
のぼろぎく / 野襤褸菊
[学]Senecio vulgaris L.

キク科の一年草または越年草。茎は直立し、高さ10~30センチメートル、葉とともにやや肉質で柔らかい。葉は縁(へり)が不規則に羽状中裂する。多くは春から夏に黄色花を開くが、年中開花がみられる。花は頭花で管状花のみからなる。花期後、総包片が反転すると純白色の冠毛が目だつ。日本全土に広く野生化しているが、明治初年にヨーロッパから渡来した帰化植物である。名は、冠毛をぼろに見立てたもの。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のノボロギクの言及

【サワギク(沢菊)】より

… キオン属Senecio(英名groundsel,ragwort)は1500種以上を含む大きな属である。日本には十数種の自生植物のほかに,ヨーロッパ原産の帰化植物ノボロギクS.vulgaris L.(イラスト)がある。これは明治の初めに渡来した,道ばたや耕地に生える一年生の雑草。…

※「ノボロギク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android