ノーマン(読み)のーまん(英語表記)Edgerton Herbert Norman

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノーマン(Edgerton Herbert Norman)
のーまん
Edgerton Herbert Norman
(1909―1957)

カナダの歴史家、日本研究者、外交官。カナダ・メソジスト派の牧師ダニエル・ノーマンの子として、1909年(明治42)9月1日長野県に生まれ育つ。1929年カナダ、トロント大学ビクトリア・カレッジ入学、のちイギリス、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに学び、さらにトロント大学大学院、ハーバード大学、コロンビア大学などで日本史、中国史を研究した。1939年カナダ外務省に入り、1940年から1941年まで東京のカナダ公使館に勤務、太平洋戦争勃発(ぼっぱつ)後、交換船で帰国した。戦後ふたたび来日して占領軍総司令部、駐日カナダ代表部、極東委員会、対日理事会などで活躍、占領政策にも影響を与えた。その間、太平洋問題調査会(IPR)や進歩的アジア問題誌『アメレシア』などにより著作活動を展開、『日本における近代国家の成立』(1940、邦訳1947)、『日本における兵士と農民』(1943、邦訳1947)などで、「講座派」の影響を受けつつも広く深い歴史的教養と「無名のものへの愛着」に裏打ちされた独自の歴史叙述により日本研究の第一人者としての地歩を築くとともに、都留重人(つるしげと)、丸山真男(まさお)らの学者文化人と交遊し、戦後日本の歴史学界にも広い影響を与えた。のちカナダ外務省極東部長、情報部長などを経て1956年エジプト駐在大使となり、スエズ運河国有化問題に尽力中、アメリカのマッカーシズム(赤狩り)の嵐(あらし)にさらされ、ついに1957年4月4日カイロで自殺した。[岡 利郎]
『『特集ハーバート・ノーマン』(『思想』1977年4月号所収・岩波書店) ▽大窪愿二編訳『増補 ハーバート・ノーマン全集』全4巻(2001・岩波書店) ▽加藤周一著『ハーバート・ノーマン――人と業績』(2002・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノーマンの関連情報